週間 冬型繰り返し 日本海側 雪多い 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 冬型繰り返し 日本海側 雪多い

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


あす19日(土)には冬型の気圧配置は緩みますが、来週にかけて繰り返し冬型の気圧配置になりそうです。日本海側は度々降る雪でさらに積雪が多くなるでしょう。

あすの天気

あす19日(土)は大学入試センター試験の初日です。関東から沖縄は穏やかに晴れる所が多いでしょう。北海道から北陸は、日本海側で雲が多くなりますが、雪は弱まりそうです。きのう17日(木)からきょう18日(金)にかけて大雪になった所があります。特に積雪の多い所などでは、センター試験で会場に向かう際は、時間に余裕を持ってお出かけください。また除雪をする際は屋根からの落雪やなだれに注意が必要です。2人以上で声をかけあって作業するなど、十分にお気を付けください。

あさって以降の週間天気

あさって20日(日)は、九州から関東は雲が多く、九州では夜は所々で雨の降る所がありそうです。北海道から北陸は雪や雨になるでしょう。最高気温は、全国的に平年より高く、沖縄と九州から関東は10度以上の所が多い見込みです。15度くらいまで上がる所もありそうです。3月並みの所が多いですが、朝や夜はグッと冷え込んで日中との気温差が大きくなるでしょう。北海道から北陸は21日(月)にかけて大荒れになるおそれがあります。今回の雪に加えて、さらに積雪の増える所もありますので、週明けの通勤通学の際は余裕を持ってお出かけください。22日(火)から23日(水)にかけては低気圧や前線が本州付近を通過。24日(木)にかけて再び冬型の気圧配置が強まり、日本海側では雪が降る見込みです。太平洋側は晴れ間の出る日が多く、最高気温は北海道や東北は平年並みで寒中らしい寒さですが、関東から九州は平年よりも高いでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい