寒気強まる! 18日にかけ猛吹雪 東北 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

寒気強まる! 18日にかけ猛吹雪 東北

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像

画像C

画像C


18日(金)にかけて、冬型の気圧配置が強まり、暴風が吹き荒れて、東北地方は荒れた天気となるでしょう。日本海側を中心に風が強まり、雪の降り方も強まって、猛吹雪となり、見通しがかなり悪くなる所がある見込みです。すでに風が瞬間的に25メートルを超え、暴風となっている所があります。18日(金)にかけて30メートルを超える非常に強い風が予想されていますので、交通機関の乱れなど注意・警戒が必要です。

猛吹雪や暴風のおそれ

低気圧が北海道の東の海上で発達し、17日夜は冬型の気圧配置が強まるでしょう。東北北部の上空1500メートル付近は一時的ですが、マイナス18度以下というひと冬に何度もないような強烈な寒気に覆われそうです。北または西寄りの風が強まり、瞬間的には30メートルを超える突風の吹く可能性があります。暴風、猛吹雪、吹き溜まりによって、交通にも大きな影響がありそうです。雪の降り方が強まって、雷を伴う所もあるでしょう。山沿いを中心に積雪の急な増加、大雪に注意してください。太平洋側にも雪雲が流れ込み、平地でも積もる所がありそうです。

18日にかけて荒れた天気続く

18日(金)も日本海側では断続的に雪が降るでしょう。強い風の状態も続きますので、引き続き吹雪にご注意ください。寒さのピークとなり、朝は各地とも冷え込みが厳しくなりそうです。青森県八戸市や岩手県盛岡市では氷点下7度の予想で、今季一番の冷え込みとなる所もあるでしょう。日中も、北部では氷点下の気温が続いて真冬日となる所も出てきそうです。北風が強く吹きますので、数字以上に寒く感じられるでしょう。

センター試験は風おさまる

センター試験の始まる19日(土)は、いったん冬型の気圧配置がゆるみ、寒気も北上するでしょう。日本海側の雪も小康状態となり、太平洋側は晴れ間がありそうです。気温も平年よりやや高めのところが多いでしょう。受験生を応援するようなおだやかな天気となりそうです。
20日(日)は傘の用意が必要です。朝は、秋田県山形県など日本海側を中心に雪が降るでしょう。次第に太平洋側でも雨や雪となりそうです。お帰りの時間帯には降っている地域が多くなりそうですので、雨具を持ってお出かけください。
試験会場では、指先がかじかまないようにカイロなどがあると重宝します。体調を万全にして、試験に挑んでくださいね!


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい