日本気象協会 2019花粉飛散予測 3報

2019/01/17 13:28

メイン画像
メイン画像
1月17日、日本気象協会は2019年春の花粉飛散予測(第3報)を発表しました。今春の花粉飛散の傾向としては、2月中旬に飛散が始まり、3月に各地でピークを迎え、飛散量は例年より多いとみられます。花粉に機敏な方は早めの対策が必要です。 各地のピーク予測
画像A
画像A
画像B
画像B
2019年シーズンの花粉飛散傾向
画像C
画像C
画像D
画像D
2019年春の花粉飛散量は、例年比でみると、東北から近畿でやや多い地方が多く、中国地方では多いでしょう。四国は例年並みで、九州は例年並みか多めとなりそうです。北海道は例年を下回るでしょう。一方、前年比でみると、北海道から関東甲信、東海は少ない傾向ですが、北陸では多いか、やや多い見込みです。秋田県では前シーズンの飛散量が少なかったため、前シーズンと比べて「非常に多い」予想です。 前シーズンの花粉の飛散量は、全国的に例年よりも多くなりました。前シーズンの特徴として、ヒノキ花粉の飛散量が多い傾向があり、東京ではヒノキ花粉が過去10年で最も多く飛散するシーズンとなりました(例年比約4.9倍、2017年シーズン比約4倍の飛散量、日本気象協会の観測地点 調べ)。今シーズンの予測に向けて花芽調査を行ったところ、ヒノキの花芽の生育が前シーズンほどではないことが分かりました。このため、今年のヒノキ花粉の飛散量は前シーズンより少ないと予測します。 2019年シーズンの飛散開始時期
画像E
画像E
スギ花粉の飛散開始は、関東から近畿、中国、四国地方、九州で、例年より5日ほど遅くなる見込みです。その結果、2月中旬に九州や四国、東海、関東地方の一部から花粉シーズンがスタートするでしょう。 2019年の1月から2月は、気温が北日本では、ほぼ平年並み、東日本は平年並みか高く、西日本は平年より高くなる予想です。2018年12月の気温が平年より高かったため、休眠が遅れた上、これから2月にかけての気温が高めで経過し、スギの雄花の休眠打破が遅れる見込みで、2019年春のスギ花粉の飛散開始は、東日本と西日本で例年より遅くなるでしょう。 スギ花粉は、飛散開始と認められる前から、わずかな量が飛び始めます。2月中旬に飛散開始が予測される地域では、1月のうちから花粉対策を始めるとよいでしょう。 【花粉の種類について】 北海道 :シラカバ その他 :スギ・ヒノキ 【飛散量に関する言葉の説明】 非常に多い:前シーズン (例年)の200%以上 多い:前シーズン (例年)の150%以上200%未満 やや多い:前シーズン (例年)の110%以上150%未満 前シーズン(例年)並:前シーズン (例年)の90%以上110%未満 やや少ない:前シーズン (例年)の70%以上90%未満 少ない:前シーズン (例年)の50%以上70%未満 非常に少ない:前シーズン (例年)の50%未満 --------------------------------------------- 前シーズン:2018年シーズン飛散量 例年 :過去10年(2009~2018年)の平均値 【2018年夏の気象に関する言葉の説明】 平年:1981~2010年の平均値

あわせて読みたい

  • 日本気象協会 2021年春の花粉飛散予測 第2報

    日本気象協会 2021年春の花粉飛散予測 第2報

    tenki.jp

    12/9

    日本気象協会の花粉予測 多い所とピークは

    日本気象協会の花粉予測 多い所とピークは

    tenki.jp

    2/14

  • 日本気象協会 2020年春の花粉飛散予測 第4報

    日本気象協会 2020年春の花粉飛散予測 第4報

    tenki.jp

    2/13

    2020年春の花粉飛散予測(第2報)日本気象協会

    2020年春の花粉飛散予測(第2報)日本気象協会

    tenki.jp

    12/5

  • 日本気象協会 2021年 春の花粉飛散予測(第4報)

    日本気象協会 2021年 春の花粉飛散予測(第4報)

    tenki.jp

    2/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す