週間 乾燥に注意 北はあすまで猛吹雪 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 乾燥に注意 北はあすまで猛吹雪

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像


この先、太平洋側は晴れて、空気の乾燥する日が多くなりそうです。一方、北日本は18日まで猛吹雪になって、視界の全く効かないほどになりそうです。

18日も風が強い 北は猛吹雪に

あす18日も冬型の気圧配置で、北日本を中心に非常に強い寒気が流れ込むでしょう。東北から北海道の日本海側は、引き続き暴風雪に警戒が必要です。そのほかは太平洋側を中心に晴れますが、風の強まる所がありそうです。気温は那覇で20度近くまで上がる予想です。福岡は12度、松江と大阪、東京は10度、仙台は5度、札幌は氷点下3度の予想です。だいたいこの時期らしい寒さの所が多いでしょう。

センター試験の天気は?

この先、19日(土)にかけて、太平洋側ほど良く晴れて、引き続き、空気の乾燥する所が多くなりそうです。北陸から北の日本海側は雨や雪で、特に北海道はあすの昼頃まで猛ふぶきや吹きだまりによる交通の乱れ、暴風、高波に警戒してください。見通しが悪くなりますので、車の運転なども十分に注意してください。
そして、19日(土)と20日(日)は大学入試センター試験がありますね。天気は19日(土)は、受験生にとっては良く、沖縄から東京まで穏やかに晴れそうです。20日(日)は、西日本や北陸から北の日本海側で雪や雨になりそうです。20日は二十四節気の「大寒」で、1年でもっとも寒いころに当たりますが、暖気が入るため、全国的に厳しい寒さではなさそうですが、室内でも廊下では暖房がきかず、寒い所もあるかもしれません。受験生の方は暖かいカイロは携帯して、頑張ってくださいね!


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい