昼間も厚手のコートが必要な寒さ 九州 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

昼間も厚手のコートが必要な寒さ 九州

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像


きょう(16日)の九州は冬型気圧配置で、やや強い寒気が流れ込んできたため、晴れ間が出ましたが、最高気温(午後3時まで)は10度に届かない所が多く、昼間も厚手のコートがほしいくらいの寒さでした。
あす(17日)もこの時季らしい寒さが続くでしょう。

寒の内らしい寒さ

きょう(16日)の九州は冬型気圧配置で、九州北部上空1500m付近には午前9時の観測で氷点下7度のやや強い寒気が流れ込んできました。
このため、きょう午前中は九州の北部や東シナ海側で低い雲に覆われましたが、寒気の流れ込みが一旦ピークを越えた午後は各地とも晴れ間が出ました。
きょう午後3時までの最高気温は福岡市9.2度、鹿児島市9.6度など10度に届かない所が多く、熊本県の高森町は4.6度に留まりました。昼間も厚手のコートがほしいくらいの冷たい風が吹きました。

あす(17日)も寒さ続く

あす(17日)の九州は冬型気圧配置で、再び寒気の流れ込みが強まるでしょう。九州は太平洋側で晴れるほかは雲が広がりやすく、北部や東シナ海側は雨が降る所があり、山は雪の所があるでしょう。
あすも最高気温は九州北部を中心に10度を下回り、寒の内らしい寒さが続く見込みです。あすもあたたかな服装でお過ごしください。
寒さが和らぐのは、あさって(18日)日中以降になる見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい