強い寒気南下 北は再びふぶく 南も強風 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

強い寒気南下 北は再びふぶく 南も強風

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


17日を中心に北海道は大荒れとなる恐れがあります。18日にかけて、東北の日本海側も雪や吹雪、北陸も雪や雨で、降り方の強まる時間帯があるでしょう。沖縄は雨で北風が続きそうです。

今季最も強い寒気 冬型は18日にかけて続く

17日は夜にかけて、上空1500メートル付近で氷点下9度以下の今季最も強い寒気が東北まで南下する見込みです。18日にかけて、低気圧はオホーツク海を発達しながら北上し、北日本を中心に冬型の気圧配置が続くでしょう。

北海道は猛吹雪 全く見通しがきかないほど

北海道では、再び日本海から雪雲が流れ込みます。風も強まり、ふぶくでしょう。オホーツク海側や太平洋側でも雪雲がかかり、吹雪となるとなる所がありそうです。17日明け方から夜遅くにかけて、車の運転が困難になるような見通しの全くきかない猛吹雪、吹きだまりによる交通への影響、暴風に警戒が必要です。17日に予想される最大瞬間風速は日本海側と太平洋側の西部で35メートルです。日本海側で予想される24時間降雪量は、多い所で16日午後6時から17日午後6時までで50センチ、17日午後6時から18日午後6時までで20センチから40センチです。

東北~沖縄 17日にかけて雪や雨・風の予想

東北も雪が降りだすでしょう。特に注意が必要なのは17日の午前中で、雪や風が強まり一気に積雪が増える恐れがあります。雪雲は太平洋側へも流れだし、午後も降り続く見込みです。北陸も雪や雨が降る見込みです。17日は明け方から朝にかけて風は南よりから西よりに変わり、雪や雨の強まる所がありそうです。日中も断続的に湿った雪や雨で、夕方から深夜にかけては平地でも降雪が多くなりそうです。西よりの風がやや強く吹く所があるでしょう。近畿の日本海側や中国地方も16日夜は所々でにわか雨やにわか雪の所があるでしょう。17日も雲が多く、日中を中心に西よりの風がやや強く吹く見込みです。夜は山で雪、平地では雨のぱらつく所があるでしょう。九州も17日にかけて雲が広がりやすいでしょう。北部の所々で雨や雪が降りそうです。
沖縄は17日の昼過ぎにかけて断続的に雨が降り、北風がやや強く吹くでしょう。雨が止んでも強風は続きそうです。17日は、関東は乾燥した晴れの天気でしょう。夕方以降は北部の山に雪雲がかかりそうです。東海も朝から日差しがたっぷり届く見込みです。山では雪の降る所があるでしょう。近畿の太平洋側、四国も雲の広がる時間帯がありますが、大体晴れるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい