あす(16日) 寒の内らしい寒さ 九州 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

あす(16日) 寒の内らしい寒さ 九州

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


きょう(15日)の九州は寒冷前線の通過に伴い、各地で雲の多い天気で、所々で弱い雨がパラつきました。今夜は冬型の気圧配置に変わり、あす(16日)は西よりの季節風がやや強く吹く見込みです。あすの最高気温は九州北部を中心に10度に届かない所が多く、この時季らしい寒さとなるでしょう。

九州 冬型気圧配置が強まる

きょう(15日)は九州北部付近を寒冷前線が通過したため、九州は全般に雲の多い天気で、弱い雨がパラついた所がありました。
あす(16日)は冬型の気圧配置が強まるため、九州の太平洋側は晴れますが、北部や東シナ海側は寒気に伴う雲が広がりやすく、小雨が降ったり、標高が高い山は小雪がちらつく所があるでしょう。天気の崩れは小さく、雨は降ってもせいぜい地面がぬれる程度、雪は積もるほどではない見込みです。

九州北部 あす(16日) 最高気温は10度に届かない所も

あす(16日)は九州北部上空1500m付近に氷点下6度以下の寒気が流れ込んできます。このため、あすの九州は北部を中心に最高気温が10度に届かない所が多く、急に寒の内らしい寒さに戻るでしょう。このところ、寒さが緩んだ状態が続いているため、体調を崩さないように気をつけてください。お出かけされる方は、きょう(15日)よりも一枚多く着込み、風を通しにくい服装をするとよさそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい