北海道 旭川で24日ぶりに真冬日から解放

tenki.jp

きょう15日、北海道には暖かい空気が流れ込んでいます。旭川市の正午の気温は0.0度と、12月22日以来、24日ぶりに真冬日(最高気温0度未満)から解放されました。

暖気で気温上昇 24日ぶりにプラスの気温に

きょう15日、北海道には暖かい空気が流れ込んでいます。旭川市では朝までの最低気温は氷点下14.6度でしたが、やや強い南風の影響で気温がぐんぐん上がりました。午前10時には氷点下10.7度だった気温が、わずか2時間ほどで一気に10度も上昇。正午には0.0度まで気温が上がり、12月22日以来、24日ぶりに真冬日(最高気温0度未満)から解放されて、プラスの気温になりました。

あすの朝も凍える寒さ和らぐ 日中は再び真冬日に

あす16日の朝も凍えるような寒さは和らぎ、朝の最低気温は今朝よりも10度も高い氷点下5度の予想です。ただ、日中は気温があまり上がらず、氷点下2度と、再び真冬日となりそうです。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック