週間 20日は「大寒」強烈寒気は次々と 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 20日は「大寒」強烈寒気は次々と

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C


20日(日)は大寒(だいかん)、1年で最も寒い時期に。17日(木)頃は今季最も強い寒気が、東北付近まで南下する予想。次の寒気は来週初めで、22日(火)は関東の平野部で雪の可能性も。

あすの天気

16日(水)は、低気圧は北海道の北を更に発達しながら北東へ進む見込みです。上空1500メートル付近では平地で雪の目安とされる氷点下6度以下の寒気が、九州北部まで南下するでしょう。
【日本海側は雪や雨】北海道や東北は日本海側を中心に雪や吹雪で、朝まで雷を伴って降り方の強まる所があるでしょう。北陸も雪や雨が降り、明け方まで雷の鳴る所がありそうです。近畿や中国地方にも、昼過ぎにかけて日本海から雪雲や雨雲が流れ込むでしょう。九州も対馬海峡沿岸の地域で朝はにわか雨やにわか雪の所がありそうです。
【太平洋側は晴れ間が広がる】北海道、東北の太平洋側は晴れ間がありそうです。関東も多少雲が広がる程度で晴れる時間が長いでしょう。北部の山には午前中に雪雲がかかりそうです。東海もたっぷりの日差しが届く見込みです。近畿の太平洋側や四国は晴れたり曇ったりでしょう。九州は晴れ間の広がる所が多い見込みです。沖縄は雲に覆われて、昼過ぎから雨が降るでしょう。
【全国的に北よりの風】全国的に北または西よりの風が吹き、日本海側では強く吹く所がありそうです。

あすの気温

【最低気温】北海道は氷点下3度前後、東北は0度くらい、北陸は2度前後の所が多い予想です。けさ(15日)より高く、北海道や東北では5度以上高くなる所があるでしょう。関東は南部で5度前後、北部で氷点下2度くらい、東海は5度前後、近畿や中国地方は3度前後の所が多い予想です。けさより2度ほど高い所が多いでしょう。四国と九州は5度くらいの所が多く、けさより2度ほど低いでしょう。那覇は15度を下回ることはなく、けさよりやや高くなる見込みです。
【最高気温】北海道は多くの所で0度以下、東北は北部は0度前後で、南部は3度前後、北陸は5度前後の予想です。真冬並みとなる所が多いでしょう。関東や東海は10度以上となる所が多く、平年よりやや高くなりそうです。近畿や中国地方、四国は10度くらいの所が多く、ほぼ平年並みでしょう。九州は北部は8度前後、南部は10度を少し超える程度で、真冬並みとなる予想です。日本海側を中心に前日より5度くらい低くなるでしょう。気温の変化にお気を付け下さい。那覇は20度くらいで、ほぼ平年並みの予想です。

あさって以降の天気

【20日(日)は大寒(だいかん)】大寒から立春にかけては、多くの所で1年で最も低い最高気温が観測される時期です。今季、これまでの寒気の流れ込みは北日本や東日本が中心でした。ところが、22日(火)頃は偏西風は日本付近で南へ蛇行する見込みで、その後、寒気は西日本にも広く流れ込む可能性があります。本格的な寒さはこれからです。17日(木)から18日(金)にかけて、低気圧はオホーツク海で発達し、北日本を中心に冬型の気圧配置が続くでしょう。上空1500メートル付近で氷点下9度以下の強い寒気が関東付近まで南下する見込みです。年末の寒気と同じくらいか、さらに強い寒気が流れ込む予想です。全国的に北または西よりの風が強く吹くでしょう。北海道は日本海側と太平洋側西部で西または北西の風が雪を伴って強く吹き、17日を中心に大荒れとなる恐れがあります。暴風、猛吹雪、吹きだまりによる交通への影響に警戒して下さい。東北の日本海側や北陸も雪が降り、雪や風が強まるでしょう。東北では太平洋側にも雪雲が流れだす見込みです。近畿や中国地方の日本海側にも雪雲や雨雲のかかる所があるでしょう。関東から近畿の太平洋側と四国、九州では日差しが届く所が多い見込みです。19日(土)から20日(日)にかけて、本州付近を気圧の谷が通過する見込みです。上空1500メートル付近で氷点下6度以下の寒気は東北付近まで北上するでしょう。19日は九州から関東と東北や北海道の太平洋側は大体晴れる見込みです。北陸、東北や北海度の日本海側は雲が多く、雪や雨が降る所があるでしょう。20日は九州から東海は広く、曇りや雨となる見込みです。北陸、東北の日本海側も広く雪や雨が降るでしょう。関東や東北の太平洋側は雲が多くなりますが、日差しが届きそうです。北海道は雪はやみ、太平洋側を中心に晴れ間が広がる見込みです。
21日(月)は日本付近は冬型の気圧配置となるでしょう。北陸は雨が降り、東北や北海道の日本海側は雪が降る見込みです。九州から北海道の太平洋側では日差しの届く所があるでしょう。22日(火)は気圧の谷が日本付近を通過する見込みです。上空1500メートル付近で氷点下6度以下の寒気は本州の南岸まで南下するでしょう。広く雨や雪となり、今のところ東京都心でも雪の予想です。

あさって以降の気温

この先の最高気温は、北海道はほぼ平年並みの日が多く、寒中らしい厳しい寒さが続く見込みです。東北から九州にかけては、18日にかけて平年並みの所が多いでしょう。19日から20日頃は3月上旬並みとなる所が多くなりそうです。ただ、寒さが緩むのは一時的です。21日は平年並みに戻る所が多く、22日は全国的に平年より低く、厳しい寒さになるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい