週間天気 17日頃 北日本で大荒れの恐れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間天気 17日頃 北日本で大荒れの恐れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


16日から18日にかけては全国的に風が強まるでしょう。日本海側は雪やふぶきで、17日は北日本で大雪の恐れもあります。

あすの天気 傘の必要な所が多い 北海道は真冬日から解放

【予想気圧配置】
あす(15日:火曜)は日本海北部の低気圧が発達しながら北東へ進み、夜には北海道に近づくでしょう。
【あす(15日:火曜)の全国の天気】
沖縄は雲が広がりやすく、日差しは昼過ぎまで時々出る程度でしょう。九州、中国、四国は雲に覆われて、夕方にかけて所々で雨が降る見込みです。活発な雨雲が通るのは海上が中心となるでしょう。近畿は昼過ぎから雨が降る見込みです。北陸は夕方以降に雨か雪で、局地的にカミナリを伴って降り方が強まるでしょう。風も強まる見込みです。東海も天気は下り坂で、初めは晴れても次第に雲が増えて夜は雨が降るでしょう。関東は午前は晴れますが昼頃から曇り空に変わり、夕方以降は沿岸部で雨の降る所がある見込みです。東北は午前中は日差しの出る所がありますが、夕方以降は日本海側を中心に雪か雨が降り、風が強まるでしょう。北海道は南西部で昼過ぎから雪が降り始め、夜には広い範囲で雪となる見込みです。ふぶく所や雷の鳴る所があるでしょう。
【あす(15日:火曜)の全国の最高気温】
沖縄は22度前後、九州南部は16度前後の予想です。九州北部から東海にかけては12度から13度くらいの所が多いでしょう。日差しが少なく雨が降るため、実際の気温よりも体感温度は低くなりそうです。関東は10度くらいでしょう。東北は6度前後、北海道は3度前後の予想です。北海道は真冬日からいったん解放され、凍てつく寒さが幾分和らぐでしょう。

あさって以降の週間天気 北日本で大荒れとなる日も

16日(水)から18日(金)にかけては低気圧がオホーツク海で発達し、日本付近は冬型の気圧配置が強まる見込みです。全国的に風が強まり、日本海側は雪でふぶく所もあるでしょう。特に17日(木)は強い寒気が流れ込み、北日本では交通機関に影響が出るほど局地的な大雪となる恐れがあります。低気圧の発達具合によっては風の強さや降雪量が変わるため、今後も最新の情報でご確認ください。19日(土)から20日(日)には冬型の気圧配置は緩み、日本海側の雪の降り方は弱まってくるでしょう。太平洋側の各地は20日(日)にかけて晴れる日が多いですが、空気が乾燥しやすいため、風邪やインフルエンザ、火の取り扱いなどに十分ご注意下さい。なお21日(月)は気圧の谷の影響で、近畿や東海など太平洋側も雨の降る所がある見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい