雲間から朝陽の光の筋「天使のはしご」 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

雲間から朝陽の光の筋「天使のはしご」

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


けさ(13日)午前8時頃、池袋サンシャイン60から「天使のはしご」を見ることができました。

雨雲は過ぎ去り…

けさ(13日)午前8時頃、池袋サンシャイン60から東の空を見ると「天使のはしご」が空から降り注いでいました。関東地方に雨や雪を降らせた雲は東へ離れつつあり、関東地方の雲はだんだんと減ってきています。雲の隙間からは日差しが届き、朝陽による光の線と都心の建物のシルエットの共演となりました。

「天使のはしご」とは

「天使のはしご」とは、気象学的には「薄明光線」と呼ばれるものです。太陽の光が雲の端などから漏れ、太陽光線が放射状に広がる現象です。太陽の角度が低くなる、早朝や夕方に発生しやすい現象です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい