南岸低 太平洋側も雨や雪か 天体ショーは 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

南岸低 太平洋側も雨や雪か 天体ショーは

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C

画像D

画像D

画像E

画像E


晴れの天気が続く太平洋側も、5日から6日はすっきりせず雨の降る所がありそう。南岸低気圧の進み方によっては東京で「初雪」の可能性も。また、6日は部分日食が控えていますが、見れる可能性は?

あすの天気 夜は北日本中心に雪や雨強まる

あす4日(金)は、高気圧の中心が日本の南に移ります。九州から関東は大体晴れるでしょう。北陸や東北、北海道も、日中は日差しの届く所がありそうです。ただ、朝晩は日本海側を中心に雪や雨の降る所が多いでしょう。特に、夜はオホーツク海に発生する低気圧や、風のぶつかり合いの影響で雪や雨が強まり、雷の鳴ることもありそうです。北海道ではふぶく所もあるでしょう。雪おろしなどは、雪の降り方が弱いうちにしておいた方が良さそうです。

あすの気温 関東から西でも冬日に

あすの朝の最低気温は、九州から関東でも0度前後と、厳しい冷え込みとなるでしょう。日中の最高気温は、九州から関東では11度前後、東北は5度前後の所が多い見込みです。北海道は0度前後でしょう。

あさって以降 南岸低気圧の動きに注意

5日(土)から6日(日)にかけて、本州の南岸を低気圧が東進する予想です。5日は九州南部で雨が降り出し、6日には東海や関東にも雨雲が広がることがありそうです。「南岸低気圧」は、北から寒気を引き込み、関東の平地などに雪を降らせることのある低気圧です。6日も、南岸低気圧の進み方によっては東京都心でも雨に雪が交じり、このタイミングで「初雪」が観測されるかもしれません。最新の予報をこまめにご確認ください。一方、日本海側は寒気の影響で、すっきりしない天気が続く見込みです。

部分日食は見られる?

6日午前中は、3年ぶりに日本から部分日食を観察することができます。今のところ、太平洋側の地域を中心に観察することができそうです。ただ、いま曇りや雨の予想でも、南岸低気圧の動きによっては晴れ間の出ることもあるかもしれません。なお、日食を観察する際に肉眼で太陽を見ることは厳禁です。日食用グラスを使用するなど、肉眼で太陽を見ることは絶対に避けましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい