日本海側を中心に雪続く 1メートル超えも 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日本海側を中心に雪続く 1メートル超えも

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


日本付近は強い冬型の気圧配置が続いてます。日本海側を中心に雪が降り続き、午後3時の積雪は1メートルを超えている所があります。

きょう(29日)午後3時の積雪

日本付近は強い冬型の気圧配置が続いています。日本海側を中心に雪が降り続き、午後3時までの積雪の深さは、青森県酸ケ湯で241センチ、北海道幌加内町朱鞠内で165センチ、山形県大蔵村肘折で154センチ、北海道幌加内町で126センチ、群馬県みなかみ町藤原で119センチ、福島県桧枝岐村で117センチ、岩手県西和賀町と新潟県津南町で115センチ、北海道夕張市で112センチ、北海道倶知安町と山形県西川町で105センチなどと、1メートルを超えている所があります。

瞬間的には20メートルを超える風

全国的に北または西よりの風が強めに吹いています。昼過ぎに秋田県能代市で瞬間風速22.6メートル、静岡県石廊崎で22.2メートルを観測しました。

日本海側 あすにかけても雪降り続く

日本海側の雪はあす(30日)にかけても降り続く見込みで、今後も大雪や吹雪による交通への影響に警戒が必要です。まだ雪や凍結路面の運転に慣れていない時期です。急ブレーキや急ハンドルは避け、運転は十分に注意してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい