年末寒波継続中 関東甲信でも大雪に 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

年末寒波継続中 関東甲信でも大雪に

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


年末寒波が継続中。関東甲信でも積雪が1mを超えて大雪となっている所があります。既に大雪で交通機関に影響の出ている所も。引き続き、大雪による交通障害に警戒してください。

関東甲信でも積雪1m超

きょう29日午前3時の天気図は縦縞模様になっていて、依然として強い冬型の気圧配置を表しています。きょう29日も「年末寒波」が継続中です。この冬これまでで一番強い寒気が日本付近に流れ込み、北日本から西日本の日本海側だけでなく、関東甲信にも大雪をもたらしています。特に関東甲信で大雪となっているのは、長野県北部や関東地方の北部の山沿いが中心です。きょう29日午前5時までの24時間に降った雪の量は、群馬県みなかみ町藤原で58センチ、みなかみ町幸知で52センチ、長野県野沢温泉で15センチ、信濃町で21センチなどとたった一日で一気に雪の量が増えています。群馬県みなかみ町藤原ではこの降り続いた雪で、今朝5時に積雪が1mを超えるほどの大雪となっています。

東海や近畿の平地でも積雪のおそれ

29日午前6時からあす30日午前6時までの24時間に予想される降雪量は、多い所で、北陸地方、関東甲信地方で70センチ、東北地方、北海道地方で50センチ、近畿地方、中国地方で40センチ、東海地方で30センチとなっています。さらにあさって31日にかけても雪の量が増えるおそれがあります。東海や近畿など山沿いだけでなく、平地でも積雪となるおそれがあります。車の冬装備はもちろん、外を歩く際も雪道用のブーツを用意したり、慎重に歩くなど、十分な注意が必要です。

最新の交通情報を確認して行動を

また一気に雪の量が増えたり、猛ふぶきで視界が悪くなったりすると、車の立ち往生が発生したり、鉄道は遅延や運転が取りやめになったりするなど、思わぬ所で足止めとなることがあります。里帰りや旅行で移動を予定されている方は、時間に余裕を持った行動と、最新の交通情報をご確認の上、お出かけください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい