寒波に大雪、帰省直撃 年始Uターンも影響 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

寒波に大雪、帰省直撃 年始Uターンも影響

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像E

画像E


御用納めのきょう(28日)、西日本や太平洋側からも初雪の便りが届きました。大雪の影響ですでに交通機関に影響の出ている所もあります。年末寒波はいつまで?年始Uターンへの影響は?

28日、西日本から初雪の便り

きょう(28日)、日本付近は強い冬型の気圧配置で、上空には強い寒気が流れ込みました。各地で真冬並みの寒さとなり、大阪や福岡など西日本からも初雪の便りが届きました。衛星画像で雲の様子を見ると、日本海や東シナ海には寒気の流れ込みを示す筋状の雲がびっしり。大陸から冷たい季節風が日本海を吹き抜けると、日本海にこうした筋状の雲が現れます。寒気の流れ込みが強いほど大陸と雲の距離(離岸距離)は短くなります。この筋状の雲がかかっている北日本の日本海側や北陸で大雪となっているほか、山陰でも雪やみぞれが降りました。また筋状の雲の一部が太平洋側にも流れ込んで、神戸や和歌山などのほか、名古屋でも初雪が観測されました。

年末寒波、ピークは?

強い冬型の気圧配置は30日(日)頃にかけて続き、年末寒波の影響を受けそうです。北日本の日本海側や北陸を中心に大雪が続く恐れがあります。関東北部の山沿いや長野県北部などの標高の高い所でも積雪が増えたり、東海や近畿の平地でも雪の積もる所があるかもしれません。こうした帰省先に車で移動する予定のある方は、冬タイヤやチェーンなどの装備を万全にし、無理な運転をしないようにしましょう。また、すでに鉄道の一部に影響の出ている所もありますが、帰省の足が乱れる可能性もあります。最新の情報を確認して、時間に余裕を持って行動しましょう。

お正月も日本海側は雪、太平洋側は厳しい寒さ

年明け早々、すぐに次の寒気が流れ込んでくる見込みです。この寒気は年末寒波ほどの強さではなさそうですが、北日本の上空5000メートル付近には、地上で大雪の目安となるマイナス36℃以下の寒気が入り、帰省先からのUターンの頃にも、日本海側を中心に雪が強まりそうです。風も強まってふぶく所もあるでしょう。太平洋側の地域はおおむね晴れますが、最高気温は平年よりもやや低い日が多くなりそうです。正月三が日は日中も10度に届かない所が多く、昼間も厳しい寒さでしょう。初詣などにお出かけになる際は、風を通しにくい厚手のコートやマフラー、手袋などでしっかり防寒対策をしましょう。空気の乾燥した状態も続きます。人の多い所に出かける機会が増える時期ですので、風邪予防のマスクをして、帰宅をしたらすぐに手洗いとうがいをするなど、体調管理も万全になさってください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい