週間 居座る冬将軍 年明けも雪強まる 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 居座る冬将軍 年明けも雪強まる

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


この先一週間、全国で寒さが厳しく、日本海側は雪が続きます。特に大雪に警戒が必要なのは、きょう28日から30日までですが、年明けも降り方が強まる恐れがあります。

~30日(日) 日本海側は大雪 東海以西の太平洋側も積雪・凍結注意

29日(土)から30日(日)にかけて、強い冬型の気圧配置。日本海側は断続的に雪が強まるでしょう。ふぶいてかなり見通しの悪くなる所もある見込みです。電車など公共の交通機関が大きく乱れる恐れがあります。また、大雪やふぶきで車が動けなくなり立ち往生することも考えられます。特に、車で長い距離の移動をするご予定のかた、燃料を満タンにしたうえ、非常食や暖をとるもの、スコップや牽引ロープなど、もしもの時への備えをしておくと安心です。また、東海から西の平地も、雪や凍結による交通の乱れにお気を付けください。
【天気】
北海道は日本海側を中心に雪で、ふぶく所もあるでしょう。東北も、日本海側は雪やふぶきで、仙台市内など太平洋側の海沿いの地域まで雪雲が流れ込みます。北陸は雪が続き、雷を伴い強く降る所もあるでしょう。関東は、山沿いは雪で、晴れる平地も北風が強めです。東海は、岐阜の山沿いは雪。岐阜の平地や、三重と愛知の平地も所々で雪が降るでしょう。近畿と中国地方の日本海側は雪で、近畿太平洋側や山陽も所々で雪が降るでしょう。四国や九州も雪の所があり、山や峠は積雪や凍結に注意が必要です。
【気温】
全国各地、土日とも同じくらいで、厳しい寒さです。最高気温は、北海道は広く氷点下のままで、東北は0度~3度くらい。北陸は3度~5度くらい、関東から西は8度前後の所が多い見込みです。

31日(月)以降

31日(大晦日)以降も、日本海側では連日のように雪が降るでしょう。特に、元日から2日にかけて、気圧の谷や強い寒気(年末寒波ほどではありませんが、大雪の目安となる寒気(上空5000m付近:-36度以下)が東北北部まで)の影響で、雪の降り方が強まる恐れがあります。強まるタイミングや、降る量については、最新の気象情報をご確認ください。
太平洋側の地域はおおむね晴れますが、気温は平年並みかやや低く、寒さが続くでしょう。日中も10度に届かない所が多く、朝晩は広い範囲で氷が張るほど冷えます。初詣など、長い時間、屋外で過ごす方も多いと思いますが、万全の防寒を心掛けてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい