雪が降るような厳しい寒さ 九州 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

雪が降るような厳しい寒さ 九州

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


きょう(27日)の九州は晴れましたが、冬型気圧配置が強まり、風が冷たくなってきました。あす(28日)は今シーズン一番の強い寒気が流れ込むため、凍えるような寒さとなり、九州北部を中心に雪がちらつく可能性があります。標高が高い山や峠は雪が積もる所があるでしょう。

九州北部 初雪の可能性も

あす(28日)の九州は西高東低の冬型気圧配置が一段と強まり、九州北部上空1500m付近には氷点下9度以下の今シーズン一番の強い寒気が流れ込むでしょう。あすの九州北部は雲が広がりやすく、山沿いを中心に雪が降り、平野部も雪がちらつく所があるでしょう。
あす(28日)日中はほとんど気温が上がらず、九州北部の最高気温は5度程度と、凍えるような寒さでしょう。お出かけには厚手のコートやマフラー、手袋など防寒対策をしっかりなさってください。

九州 29日にかけて積雪や凍結に注意!

あす(28日)の九州は強い寒気の流れ込みに伴い山沿いで雪が降る所が多く、標高700m以上の高い山や峠は薄っすら雪が積もる所があるでしょう。29日にかけて峠越えをされるドライバーの方は冬用のタイヤやチェーンなどの滑り止めを準備し、積雪や路面の凍結に備えてください。平野部も冷え込みが強いため、ぬれた路面は凍結する所がありますので、車を運転される方はスピードを控えるなど、注意するようにしましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい