来年(2019年)1月~3月の天候 九州 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

来年(2019年)1月~3月の天候 九州

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像


きのう(25日)、福岡管区気象台から来年(2019年)1月~3月にかけての3か月予報が発表されました。冬本番と早春は気温は平年よりも高く、高温傾向が続くでしょう。

九州 来年(2019年)1月の天候

1月の九州は冬型気圧配置が現れやすく、九州の北部や東シナ海側を中心に曇りで冷たい雨や雪が降る日が多いでしょう。強い寒気の流れ込みは一時的で長くは続かない見込みです。気温は平年より高く、真冬にしては暖かい日がありますが、寒さが厳しい日もあり、寒暖の差が大きくなるでしょう。

九州 来年2月の天候

2月の九州は冬型気圧配置が長続きせず、例年よりも低気圧や前線の影響を受けやすい見込みです。九州はいつもの年より曇りや雨の日が多く、降水量は平年並みか平年より多い見込みです。気温は平年より高く、暖かな南寄りの風が吹き、春の気配を感じられる日もあるでしょう。

九州 来年3月の天候

3月の九州は、低気圧と高気圧が交互に通り、天気は周期変化となるでしょう。3月は九州付近を通過する低気圧や前線の影響を受けやすくなるため、九州は例年よりも晴れの日は少なく、曇りや雨の日が多い見込みです。降水量は平年並みか平年より多いでしょう。気温は平年よりも高く、春の訪れは例年よりも早まるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい