近畿 28日から29日にかけて北部で大雪 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

近畿 28日から29日にかけて北部で大雪

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


近畿地方は、28日から29日にかけて北部を中心に大雪になる恐れがあります。中部や南部でも雪が降り、積もる所もある見込みです。雪への備えが必要です。

28日から29日にかけて強い寒気が流れ込む

あす27日から次第に冬型の気圧配置に変わり、28日から29日にかけて、近畿地方の上空に強い寒気が流れ込む見込みです。このため北部では27日夜までには広く雪に変わるでしょう。28日から29日にかけては、日本海に発生する雪雲の帯が近畿地方に向かって延びてくるため、北部では大雪になる恐れがあります。北風が強く、中部や南部にも雪雲が流れ込み、山沿いでは雪が積もる所がある見込みです。平野部でも雪がちらつく所があるでしょう。交通機関に影響が出る可能性がありますので、年末の帰省で移動される場合は、雪の情報を確認するようにしてください。

28日から30日にかけては寒さも厳しい

強い寒気の流れ込みが続くため、近畿地方では28日から30日にかけて平年より気温が低くなる見込みです。最高気温は各地10度に届かず、真冬並みの厳しい寒さになるでしょう。北部では昼間も雪が溶けずに積雪が増える見込みです。カーポートや農業用ハウスなどは雪の重さで倒れてしまう恐れもあります。雪への備えを万全にしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい