週間 東海~四国も積雪か 正月も冬型 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 東海~四国も積雪か 正月も冬型

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C


28日(金)から30日(日)にかけて北海道から北陸を中心に暴風や大雪による交通障害などに警戒・注意。東海から四国でも28日から29日(土)にかけて山を中心に大雪となり、平地でも積雪の恐れ。

あすの天気

27日(木)は、次第に冬型の気圧配置となるでしょう。夜には上空5500メートル付近で大雪の目安とされる氷点下36度以下の寒気が東北北部まで南下する見込みです。
【警戒・注意】北海道や東北では暴風に警戒が必要で、関東から九州にかけても強風に注意して下さい。また、北陸では午後は急に雪の降る量が多くなる恐れがあります。
【各地の天気】北海道は日本海側を中心に雪が降り続くでしょう。太平洋側では晴れ間がありそうです。東北も日本海側は雪が降る見込みです。太平洋側は日差しの届く所もありますが、午後は山沿いを中心に雪となりそうです。北陸は雨や雪が降り、夕方以降は広く雪でしょう。雷を伴って平地でも降り方の強まる所がありそうです。関東は午前中は雲が多いですが、午後は晴れ間が広がる見込みです。朝晩は北部の山に雪雲がかかるでしょう。東海も日の差す時間帯がありそうです。午後は山で雪の降る所があるでしょう。近畿は北部を中心に雲が広がり、所々で雨が降る見込みです。一部の山では雪が降るでしょう。中国地方は雲が多く、山陰は雪や雨が降りやすいでしょう。山陽でも山では雪の所がありそうです。四国は晴れたり曇ったりでしょう。九州は午前中は雲が多いですが、午後は次第に晴れる見込みです。沖縄は曇り空でしょう。最低気温は、北海道や東北、北陸は、けさ(26日)より低く、5度以上も低くなる所があるでしょう。関東は、けさよりやや高くなる所が多い予想です。東海から九州は、けさと同じくらいの所が多いでしょう。
最高気温は、北海道は各地とも0度未満の真冬日となる予想です。東北も北部では0度まで届かない所が多いでしょう。南部でも多くの所で5度以下の予想です。北陸は5度前後の所が多く、真冬並みでしょう。関東から九州北部は10度くらい、九州南部は15度くらいの所が多く、ほぼ平年並みの予想です。沖縄は12月上旬並みの見込みです。北風が強めに吹くため、数字以上に寒く感じられるでしょう。

28日 強い寒気流れ込む

28日(金)は、冬型の気圧配置が強まるでしょう。上空5500メートル付近で36度以下の寒気は東北南部まで南下する予想です。日本海側を中心に雪が降り、大荒れとなる恐れがあります。雪雲は東海や近畿南部、四国にも流れだし、こちらの地域も山では大雪、平地でも雪の積る恐れがあります。九州でも平地で雪が降るでしょう。帰省など車の運転は、峠越えだけでなく、市街地などでも雪による路面状況の変化に十分に注意する必要があります。最新の気象情報、交通情報を確認し、無理をしないようにしましょう。最高気温は、全国のアメダス地点のおよそ6割で5度以下の予想です。急に厳しい寒さとなるでしょう。

寒波の影響 年始にかけて続く 沖縄30日から荒れた天気

冬型の気圧配置は1月2日(水)頃にかけて続く見込みです。29日(土)にかけて広く暴風や大雪に警戒、注意が必要で、北海道から北陸では30日(日)も大荒れや大雪に警戒して下さい。また、沖縄は30日以降、雨が降り、風が強まって、荒れた天気となる恐れがあります。31日大晦日は、上空5500メートル付近で氷点下36度以下の寒気は北海道の北まで北上するものの、元日にかけて日本海で発達した雪雲が北陸付近にかかり、急に積雪が増える恐れがあります。元日は、氷点下36度以下の寒気は再び北海道付近まで南下するでしょう。北海道から北陸では年始にかけても雪の降り方にご注意下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい