3か月予報 東・西で暖冬 太平洋側雨多い 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

3か月予報 東・西で暖冬 太平洋側雨多い

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像


最新の3か月予報が発表され、東日本・西日本は暖冬傾向となっています。一方、降水量は2月・3月に太平洋側の地域で多くなる予想で、すっきりしない天気の日が多くなりそうです。

3か月の傾向

年末にかけて日本付近に寒気が入り、全国的に強い冷え込みとなる予想ですが、3か月の気温の傾向を見ると東日本では平年並みか高い予想で、西日本と沖縄・奄美では高い予想となっています。北日本では平年と同様、寒気の影響を受けて気温はほぼ平年並みとなるでしょう。一方、降水量は東日本~西日本の太平洋側と沖縄・奄美で平年並みか多い見込みです。これは低気圧や前線の影響を受けやすいためで、特に2月・3月はすっきりしない天気の日が平年より多くなりそうです。

北日本(北海道・東北)

平年と同様、日本海側は曇りや雪または雨の日が多く、太平洋側は晴れる日が多いでしょう。寒気の影響を平年程度に受ける見込みで、気温・降水量はほぼ平年並みの予想です。また、降雪量もほぼ平年並みの見込みです。とはいえ、積雪の多い地域では雪下ろしなどの作業は必要で、毎年事故が発生しています。1人での作業は避ける、命綱など装備をしっかりと準備をするなど、対策を取って作業なさってください。

東日本(関東甲信・東海・北陸)

3か月を通して気温は平年並みか高い予想です。3月になると少しずつ春の暖かさを感じられる日も出てくるでしょう。天気の傾向は太平洋側で1月は晴れる日が多いですが、2月・3月は低気圧や前線の影響を受け、降水量は平年並みか多い予想です。低気圧の進路によっては関東の平野部でも雨ではなく雪になることもあるかもしれません。一方、日本海側では寒気の影響を受けにくく、平年に比べて曇りや雪・雨の日が少ないでしょう。降雪量も平年並みか少ない予想です。

西日本(近畿・中国・四国・九州)

3か月を通して気温は高いでしょう。日本海側の降雪量は平年より少ない見込みです。天気の傾向は、太平洋側の地域では1月は晴れる日が多いですが、2月・3月は晴れる日が少なくなりそうです。日本海側の地域でも3月は晴れる日が少ないでしょう。

沖縄・奄美

気温は高い予想です。天気は、1月は平年と同様、曇りや雨の日が多く、2月・3月も低気圧や前線の影響を受けるため、平年と比べて曇りや雨の日が多い予想です。
なお、この時期の天候に影響の大きい「北極振動」の予想は難しく、現時点では考慮できていません。毎週木曜日に発表される1か月予報など、最新の予報をご覧ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい