関東の週間 冬将軍が準備中 寒い年越しに 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東の週間 冬将軍が準備中 寒い年越しに

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


この冬、最も強い寒気が27日頃から北日本へ。関東への影響は28日から。晴れても寒い年越しになるでしょう。

朝晩の冷え込み強烈 初詣や初売で深夜から屋外で過ごす方は注意

向こう一週間の関東の特徴は「強い寒気の影響は28日から 晴天続くが寒い年越しに」です。
【関東の天気傾向~1月1日(火)にかけて~】
あす(26日:水曜)は高気圧が東へ移動するのに伴い、湿った空気が流れ込んできます。関東地方は昼前から次第に雲が広がるでしょう。ただ、天気の崩れはない見込みです。群馬県北部の山沿いでは夜に雪が降るでしょう。一方、あさって(27日:木曜)以降は冬型の気圧配置が続くため、関東は平野部を中心に乾燥した晴れの天気が続く見込みです。冬型が強まる影響で風の強い日も続くでしょう。乾燥と強風は火災の危険性が高まります。暖房器具など、火の取り扱いにはお気をつけ下さい。また、移動の多い時期ですが、家を空ける際の火の元確認も忘れないで下さい。北部の山沿いや長野は雪の降る日が続くため、車の運転は注意が必要です。
【関東の気温傾向~1月1日(火)にかけて~】
最高気温はあす(26日:水曜)とあさって(27日:木曜)は10度前後の所が多いでしょう。ほぼ平年並みです。一方、あさって(27日:木曜)は北日本に寒気が流れ込んでくる見込みですが、この寒気はこの冬一番の強さです。関東で影響を受けるのは、少し遅れて28日(金)頃からと予想されます。そのため、28日(金)以降の最高気温は7度前後といっそう寒さが厳しくなるでしょう。日差しがたっぷりでも、乾燥して冷え切った空気が肌に触れると、少し痛さを感じるほどになりそうです。
なお、29(土)頃からの最低気温は、関東北部は氷点下2度前後、関東南部は1度前後で、朝晩の冷え込みがいっそう強まるでしょう。初詣や初売などで、深夜から屋外で長く過ごす方は万全な防寒対策をしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい