連休二日目 西から下り坂 でも気温は高め 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

連休二日目 西から下り坂 でも気温は高め

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


23日は西から天気下り坂ですが、最高気温は引き続き平年より高めです。雨の後に控えているのは寒気。クリスマスイブから入るでしょう。

23日 雨の降りだす時間は?? 各地の詳細

あす(23日:日曜)は気圧の谷が日本付近を通過するでしょう。このため、天気は西から下り坂です。
【全国の天気】
沖縄は午前は晴れますが、夜は雨の降る所がある見込みです。九州は南部では晴れ間がありますが、北部は昼頃から雨が降るでしょう。中国、四国は初め晴れる所も、昼過ぎからは次第に雨が降る見込みです。近畿、東海、北陸、甲信越は午前は日差しが出ますが、夕方以降は雨が降るでしょう。局地的にカミナリを伴い降り方が強まる見込みです。関東は雲が多く、夕方以降は所々で雨が降るでしょう。東北は昼過ぎにかけては晴れて、年末に向けての準備もはかどりそうです。夕方以降は日本海側を中心に雨か湿った雪が降るでしょう。北海道は雲が多く、夜から湿った雪か雨が降る見込みです。

23日 最高気温は平年より高い どこまで気温上がる??

あす(23日:日曜)の最高気温は全国的に平年より高い状態が続くでしょう。雨が降っても厳しい寒さにはならない見込みです。
【全国の最高気温】
沖縄は25度くらいまで上がり、汗ばむほどです。九州南部や四国の太平洋側は18度くらいで、雨が降り始めても、厳しい寒さはないでしょう。九州北部や四国の瀬戸内側、中国地方や近畿、東海も15度前後まで上がり、ひと月ほど前の気温になる見込みです。北陸や関東甲信は13度前後、東北は8度から10度くらい、北海道は5度前後の予想です。積雪の多い所では寒さが緩み、雪がとけやすくなるため、ナダレなどにご注意下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい