いよいよクリスマス 雪が降るのはどこ? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

いよいよクリスマス 雪が降るのはどこ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


平成最後のクリスマス!ホワイトクリスマスになるのはどこ?雪と寒さについて、最新の情報です。

24日クリスマスイブ 北は大荒れの恐れ 全国的に急な寒さに注意

24日(月)は、北海道の東で低気圧が発達しながら北上する見込みです。日本付近は冬型の気圧配置となるでしょう。雪が予想されるのは、北海道と東北の日本海側です。今のところの予想では、雪のピークは午前中で、大荒れとなる恐れがあります。北陸は、上の図に雪マークがない地域でも山沿いで雪となるかもしれません。全国的に北よりの冷たい風が吹き、23日(日)まで予想される高温から一気に師走の寒さになるでしょう。急な気温の変化に体がついていくのは大変。お出かけは風を通しにくい服装を選ぶなど、十分に暖かくしてお過ごしください。

25日クリスマス 広く晴れ 関東は真冬並み

25日(火)は、本州付近は移動性の高気圧に覆われる見込みです。北海道や東北の雪はやむ所が多いでしょう。全国的に風は穏やかになり、晴れ間が広がる見込みです。注意することは朝の冷え込みです。内陸ばかりでなく、東京都心や名古屋、大阪でも朝起きたら地面が霜で白くなっているかもしれません。日中もこの時期らしい寒さの続く所が多く、関東では真冬並みの所もある予想です。ダウンコートなど、万全な寒さ対策が必要です。風邪などひかないようお気をつけ下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい