北海道 クリスマスイブは荒れるおそれ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 クリスマスイブは荒れるおそれ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


あさってからの3連休、北海道は最終日のクリスマスイブに荒れた天気となるおそれがあります。日本海側で雪や風が強まり、沿岸を中心にふぶきになりそうです。

3連休の天気

きょうの道内は、日本海側も含め広い範囲で日差しが届いて、久々に全道的に穏やかな天気です。ただ、この穏やかな天気はきょうまでです。3連休初日のあす22日(土)は、日本海から小さな低気圧が北海道に近づいて、道央や道南方面で湿った雪やみぞれが降る見込みです。降る時間はそれほど長くなく午前中が中心で、降る量も多くならないと見ています。23日(日)は北海道の北を低気圧が進み、この低気圧からのびる寒冷前線が通過する見込みです。低気圧に向かって南から暖かい空気が流れ込むため、湿った雪やみぞれが降り、沿岸は雨に。雪や雨が降り出すのは午後からで、夜は降り方が強まりそうです。また、22日(土)、23日(日)の日中は広くプラスの気温で、雪がとけて路面状況が悪化しそうです。朝晩は冷えて、とけた雪が凍るためつるつる路面に要注意。そして、この3連休で最も注意が必要なのは24日(月)です。冬型の気圧配置が強まり、上空には強い寒気が流れ込みます。日本海側では雪や風が強まって、荒れた天気になるおそれがあります。沿岸を中心にふぶいて見通しが悪くなりますので、特に車の運転は十分にご注意下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい