北海道 日本海側 猛ふぶきに警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 日本海側 猛ふぶきに警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


今日(19日)の午後は、日本海側北部の沿岸を中心に、雪を伴った非常に強い風が吹く見込みです。猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害に警戒をして下さい。

日本海側 沿岸の一部で次第に大荒れの天気に!

今日(19日)正午現在、日本海側や太平洋側西部の沿岸を中心に13メートル前後と、風に向かって歩きにくくなるようなやや強い風が吹いている所があります。
今日これからは更に風が強まり、宗谷地方の北部や利尻・礼文で予想される最大瞬間風速は35メートルと、大人でも何かにつかまっていないと立っていられないような風が雪を伴って吹く恐れがあります。夜のはじめ頃になると急激に風が強まり、今夜いっぱい風の非常に強い状態が続く見込みです。
また、留萌地方や石狩北部でも会社帰り、学校帰りの時間帯から雪を伴い風がさらに強まります。車の運転は猛ふぶきによる、視界不良による交通障害に警戒して下さい。

引き続き、局地的な大雪に注意!

明日(20日)の正午までの24時間に降る雪の量は日本海側の多い所で40センチに達する見込みです。新雪が積もり、強い風の影響で道路には深い吹きだまりも発生しやすくなりそうです。
ドライバーの方は天気が落ち着いてから移動を開始するなど、無理のない運転を心がけましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい