あす(18日)まで風が冷たい 九州 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

あす(18日)まで風が冷たい 九州

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


きょう(17日)の九州は冬型気圧配置で、北部を中心に雲の多い天気となりました。福岡市の最高気温(きょう午後3時まで)は12.2度で、この時季らしい寒さでした。あす(18日)もきょうと同様に風が冷たいですが、あさって(19日)は暖かくなるでしょう。

九州 この時季らしい寒さ

きょう(17日)の九州は西高東低の冬型気圧配置で、北部は東シナ海で発生した寒気の流れ込みに伴う雲に覆われた所が多くなりましたが、南部はおおむね晴れました。きょう午後3時までの最高気温は福岡市で12.2度など、都市部や沿岸部は10度を上回りましたが、熊本県高森町と宮崎県五ヶ瀬町鞍岡はともに7.0度に留まるなど、山沿いや内陸を中心に10度に届かない所がありました。きょう日中の最高気温は平年並みか平年より低い所が多く、風を冷たく感じました。

あす(18日)も師走らしい寒さ

あす(18日)も九州北部上空1500メートル付近に氷点下4度前後の寒気が流れ込むため、きょう(17日)と同じように風が冷たいでしょう。お出かけされる方は風を通しにくい服を着たり、重ね着をするとよさそうです。
あさって(19日)は移動性高気圧が九州の南海上を東へ進むため、南から暖かな空気が流れ込む見込みです。あさって(19日)は寒さが和らぎ、日差しの下では過ごしやすくなるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい