週間 北日本荒天のち寒さ和らぐ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 北日本荒天のち寒さ和らぐ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


この先は、北日本の日本海側では、17日(月)~19日(水)に雪が降り、荒れた天気となるおそれがあります。東日本と西日本は、短い周期で天気が変わる見込みです。気温は、20日(木)~22日(土)は、平年より高い所が多くなりそうです。

あすの天気

17日(月)は、低気圧が日本の東の海上へ進み、冬型の気圧配置となる見込みです。日本海側は雪や雨が降るでしょう。太平洋側は、北海道では明け方にかけて雪の降る所がありそうです。東北から九州も雲が多く、東海は明け方まで、関東では昼前にかけて、雨の降る所があるでしょう。

あさって以降の天気

18日(火)は、上空の寒気が南下し、冬型の気圧配置が強まる見込みです。地上で雪の目安となる寒気は、東北地方を覆うでしょう。大雪の目安となる寒気は、北海道をスッポリと覆う見込みです。日本海側は雲に覆われ、北陸から北では雪や雨が降るでしょう。等圧線の間隔が狭くなっていますので、風が強まり荒れた天気となるおそれがあります。今後の情報にご注意ください。太平洋側は、広い範囲で晴れる見込みです。
19日(水)も、北日本の日本海側や北陸では、雪や雨が降るでしょう。太平洋側は、晴れる見込みです。20日(木)は、西から天気が崩れ、九州で雨が降り出すでしょう。21日(金)は、全国的に雲が多く、東海から九州で雨が降る見込みです。22日(土)は、晴れ間が出ますが、23日(日)は、全国的に天気が崩れそうです。
気温は、19日(水)にかけて平年並みですが、20日(木)~22日(土)にかけては、この時期としては高くなる見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい