16~17日南岸低が関東接近 雪の所は? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

16~17日南岸低が関東接近 雪の所は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


あす(16日)からあさって(17日)にかけて日本の南の海上を低気圧が進み、関東に接近する見通しです。北部の山沿いの地域では雪になる所もありそうです。

平野部は雨 雪の心配は「なし」

あす(16日)は冬型の気圧配置が緩んで、日本の南の海上を低気圧が進みます。関東は午前中は日差しがありますが、昼過ぎからは雲が広がるでしょう。次第に低気圧は関東に近づき、あさって(17日)の午前9時には関東の沿岸まで進み、昼ごろまでは広く雨や雪となりそうです。気になる雪の降るエリアですが、低気圧が関東付近を通る予想となっていて、低気圧に向かって南からの暖かい空気が吹き込むため、平野部では雪を降らせるような気温になることはありません。都心の気温も5度前後で推移するため、雪の心配はないでしょう。

北部山沿いでは雪の所も 車の運転などには注意を

一方、北部の山沿いではあさって(17日)は寒気の影響を受けるため、未明から朝にかけては雪が降りそうです。北部の平地では雨に雪が交じることもあるかもしれません。ただ、日中は天気が回復して気温は平年より高くなるため、路面の雪が一部とけることが予想されます。日没後、気温が下がると路面が凍結するおそれもあるため、車の運転は十分お気を付け下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい