週間 寒さの底は土曜 来週は急な上昇も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 寒さの底は土曜 来週は急な上昇も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C


最高気温は15日(土)は全国的に平年より低い。16日(日)は北陸から北海道を中心に上昇。来週後半はこの時期としては、めったにない高さも。また、来週初めは北陸から北海道は荒れた天気。

あすの天気 東京都心10度に届かない予想

15日(土)は本州付近は次第に高気圧に覆われる見込みです。
沖縄は午前中は雲が多いでしょう。午後は日差しが届く見込みです。九州は広く晴れますが、対馬海峡沿岸の地域は雲がかかるでしょう。四国は日中は大体晴れる見込みです。中国地方や近畿北部は明け方まで所々で雨や雪が降るでしょう。日中は次第に雲は少なくなりそうです。近畿南部は晴れ間が広がる見込みです。北陸の雪や雨の降り方は次第に弱まり、昼頃にはやむ所が多いでしょう。東海と関東は青空が広がる見込みです。山では午前中に雪のちらつく所があるでしょう。東北の日本海側は昼頃まで雪が続き、午後も雲が多いでしょう。太平洋側は日差しが届く見込みです。北海道も午前中は所々で雪が降るでしょう。午後は太平洋側を中心に晴れ間が広がる見込みです。関東付近の上空およそ1500メートルでは氷点下6度以下の今季一番の寒気が流れ込むでしょう。最低気温は、けさ(14日)と同じくらいの所が多いですが、東北や九州では5度くらいも低くなる所がある予想です。最高気温は、全国的に平年より低いでしょう。東北や北陸、関東、東海では真冬並みとなる所が多く、東京都心では10度に届かない予想です。

あさって以降の天気 来週前半は北日本で荒れた天気

16日(日)は、前線を伴った低気圧が九州付近を東へ進む見込みです。上空1500メートル付近で氷点下6度以下の寒気は北海道付近まで北上するでしょう。九州は午前中から雨が降り、四国や中国地方から東海も次第に雨が降り出す見込みです。北陸や東海の標高の高い所は雪でしょう。本降りになる時間帯もありそうです。関東や東北南部も天気は下り坂へ向かいます。東北北部は雨や雪でしょう。北海道は湿った雪が降り、平地ではみぞれや雨の所がありそうです。最高気温は前日(15日)より高くなる所が多く、北陸から北海道では多くの所で5度くらい高くなる予想です。17日(月)から18日(火)は、北海道の東で低気圧が発達しながら北上し、北日本を中心に冬型の気圧配置となる見込みです。北海道は雪が降り、東北や北陸は雨から雪に変わるでしょう。次第に荒れた天気となる恐れがあります。関東や東海は17日は雨が降るでしょう。18日は日差しが戻る見込みです。近畿から九州は晴れ間の広がる所が多いでしょう。
19日(水)は、大陸から高気圧が本州の南まで移動してくる見込みです。九州から関東は広く晴れるでしょう。北陸は雨で、東北や北海道の日本海側は雪が続く見込みです。太平洋側は晴れ間が広がりそうです。九州や四国では最高気温は15度くらいまで上がる所がある予想です。20日(木)は、再び前線や低気圧が西から近づき、本州付近を東へ進むでしょう。前線の接近・通過にともない、日本列島に南から暖かい空気が流れ込みます。上空1500メートル付近で、氷点下6度以下の寒気は北海道の北まで退くでしょう。九州から関東は雲が広がり、九州から雨が降り出す見込みです。一方で北陸から北海道の雨や雪はやむ所が多いでしょう。最高気温は広く平年より高く、東京都心や福岡では11月下旬並みの予想です。この時期としては、めったにない高さとなる所もありそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧



関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい