1時間40個 ふたご座流星群 今年好条件

2018/12/13 16:36

メイン画像
メイン画像
今年のふたご座流星群は極大が夜で月の条件も良し。今夜(13日)と14日夜が特に多くの流れ星を見ることができそうです。 三大流星群のひとつ 「ふたご座流星群」は「三大流星群」のひとつで、毎年、安定してたくさんの流れ星を見ることができます。国立天文台によると、今年の「ふたご座流星群」は、あす14日(金)21時頃に極大を迎え、夜半頃に月が沈むため、とても良い条件で観察できるそうです。空の暗い場所で観察すれば、最も多いときで1時間に40個程度の流れ星を見られる可能性があるとのこと。特に多くの流れ星を見ることができるのは、きょう13日(木)夜と、あす14日(金)夜で、なるべく22時頃から翌未明までに観察するのがよいそうです。 今夜の天気
画像B
画像B
きょう13日(木)の夜は、低気圧が東北~北陸付近に近づきます。北海道は、日中は晴れた所が多くなりましたが、夜になると各地とも雲が増えて、日本海側を中心とした所々で雪が降るでしょう。東北は日本海側で雪やふぶきとなり、太平洋側も雪の降る所があります。観測にはあいにくの空模様です。北陸から山陰、九州北部もにわか雨やにわか雪の所があるでしょう。関東から西の太平洋側と九州南部は晴れる所が多く、観察によさそうです。ただ、市街地でも気温が5度を下回る所があるなど師走らしい冷え込みですので、暖かい飲み物やブランケット、カイロなどを用意し、体を冷やさないよう、お気をつけください。 あすの天気
画像C
画像C
あす14日(金)は、次第に冬型の気圧配置が強まります。このため北海道の日本海側から山陰は雪や雨で、観察にはあいにくの天気が続くでしょう。一方、太平洋側の各地と九州は晴れる所が多い見込みです。翌日がお休みという方は、寝転がるなどして、少し長めに観察してみるとよいでしょう。ただ、冷たい季節風が強めに吹きそうです。ダウンコートや寝袋など、風をしのげるアイテムがあるとよいでしょう。 年始にかけても天体ショー目白押し なお、23日(日)明け方には「こぐま座流星群」の活動が極大になり、年が明けて1月2日(水)は細い月と金星が大接近、そして4日(金)には「三大流星群」のひとつ「しぶんぎ座流星群」が極大を迎えます。さらに6日(日)は3年ぶりの部分日食と、年始にかけても注目度の高い天体ショーが続きます。tenki.jpで日直予報士の記事や天気、気温などをチェックして、タイミングを逃さないようにしてくださいね。

あわせて読みたい

  • きょう金星と土星が大接近 週末はふたご座流星群

    きょう金星と土星が大接近 週末はふたご座流星群

    tenki.jp

    12/11

    ふたご座流星群ピーク 月と木星接近も

    ふたご座流星群ピーク 月と木星接近も

    tenki.jp

    12/14

  • ペルセウス座流星群ピーク 見えるかな

    ペルセウス座流星群ピーク 見えるかな

    tenki.jp

    8/12

    ふたご座流星群今夜から 見頃はいつ?東北

    ふたご座流星群今夜から 見頃はいつ?東北

    tenki.jp

    12/13

  • 今夜は星空を見上げてみよう ふたご座流星群ピーク

    今夜は星空を見上げてみよう ふたご座流星群ピーク

    tenki.jp

    12/14

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す