週間 冬将軍様子うかがう 東京木枯らしは 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 冬将軍様子うかがう 東京木枯らしは

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C

画像D

画像D


あす28日(水)は、全国的に傘の出番がありそうです。あさって29日(木)以降は、北日本では気温の変化が大きく、一気に寒さが戻るでしょう。また、東京地方の木枯らし1号の発表は?

あすの天気~九州から関東

あすは、南を通過する低気圧や湿った空気の影響で、九州は雨が降るでしょう。この雨の範囲は次第に東へ広がり、夜は関東にかかる見込みです。朝に雨が降っていなくても、傘をお持ちになると安心です。最高気温は16度前後の所が多いでしょう。ただ、日差しがなく、北よりの風が冷たく感じられそうです。

あすの天気~東北と北海道

あす午前中は、前線の影響で、東北では雨の降る所があるでしょう。北海道では雨や雪で、局地的に雷が鳴りそうです。また、ふぶく所もあるでしょう。前線が通過した後は、寒気が流れ込み、北海道では雪の続く所がありそうです。最高気温は東北南部は17度前後で、10月並みの所もあるでしょう。東北北部と北海道は広く10度以下で、北海道では5度に届かない所もある見込みです。

あさって以降の週間天気

・天気
あさって29日(木)以降も、北日本の日本海側と北陸は、寒気の影響が続きそうです。曇りや雨の日が多いでしょう。なお、北海道だけでなく、東北の平地でも雪となることがありそうです。一方、北日本の太平洋側と関東から九州は、高気圧に覆われ、晴れる日が多いでしょう。
・気温
北日本は気温の変化が大きくなりそうです。暖かさが一転、週末頃にかけて一気に冬の寒さが戻るでしょう。北海道では最高気温が12月下旬並みの気温となる所もありそうです。東日本と西日本は、最高気温は平年より高い日が多く、寒さは控えめでしょう。ただ、朝晩と日中の気温の差が大きいため、体調管理にお気を付け下さい。

東京地方の木枯らし1号は?

22日(木)、近畿地方で「木枯らし1号」が吹きましたが、東京地方では2018年はまだ発表されていません。東京地方の「木枯らし1号」の条件の1つである「西高東低の冬型の気圧配置」は、今のところ30日までには予想されていません。2018年の東京地方の「木枯らし1号」は「発表なし」となるかもしれません。東京地方で「発表なし」となれば1979年以来、39年ぶりのことです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい