北日本 30日~01日は荒天のおそれ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北日本 30日~01日は荒天のおそれ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


この先は、北海道の日本海側で雪の日が多くなるでしょう。30日(金)~01日(土)にかけては、北日本では、低気圧の影響で、荒れた天気となるおそれがあります。

30日(金)~01日(土)にかけて一時的に冬型強まる

北日本の日本海側や北陸では、雨や雪の日が多い見込みです。30日(金)~01日(土)にかけては、上空に寒気を伴った低気圧が、発達しながら北日本を通過するでしょう。低気圧が東の海上へ抜けた後は、北日本を中心に、一時的に冬型の気圧配置が強まる見込みです。01日(土)には、平地で雪の目安となる寒気が東北北部まで、大雪の目安となる寒気は北海道をスッポリと覆う見込みです。また、北日本では、等圧線の間隔が狭くなっていることから、風が強まるでしょう。今後の情報にご注意ください。

東・西日本は気温は平年より高い日が多い

関東と東海では、晴れる日が多いでしょう。近畿から九州にかけては、数日の周期で天気が変わり、28日(水)と02日(日)に雨が降る見込みです。気温は、この時期としては高い日が多いでしょう。27日(火)は、関東から九州では、最高気温が20度前後となる見込みです。日中は暖かく感じられますが、朝晩は冷えますので、服装で調節するなど、体調管理にお気を付けください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい