東京の木枯らし1号は?服装選び難しく

tenki.jp

東京の木枯らし1号は?服装選び難しく

メイン画像

冬物のコートなどを出し始める季節ですが、服装選びに悩む一週間となりそうです。関東地方は、しばらく晴れの天気が続きますが、気温の変化に注目です。また、冬の始まりの合図となる「木枯らし1号」は?

連休最終日は寒さ和らぐ

25日(日)は、関東地方は各地で青空が広がるでしょう。連休最終日も穏やかな天気で、お出かけが楽しめそうです。日中の最高気温は、24日(土)よりもやや高く、16度前後となる予想です。寒さは和らぎ、日差しが暖かく感じられるでしょう。ただ、朝晩の冷え込みは続き、一日の気温の変化が大きくなります。風邪などが流行り始める季節ですので、体調管理にはお気を付け下さい。

週明けポカポカ陽気

26日(月)以降は、関東地方の日中の寒さは解消しそうです。関東地方はしばらく晴れの天気が続き、日差しが暖かく感じられるでしょう。特に、来週前半は最高気温が20度前後まで上がる予想です。寒さが一転、ポカポカ陽気となりそうです。

上手に服装の調節を

来週は、冬物のコートやダウンなどの出番はなさそうです。27日(火)は、日中は上着がなくても大丈夫なくらいでしょう。ただ、朝晩は冷え込みますので、調節のしやすい服装がよさそうです。

東京地方の木枯らし1号は?

22日(木)は、近畿地方で「木枯らし1号」が吹きましたが、東京地方では2018年はまだ発表されていません。最新の予報では、来週は、東京地方の「木枯らし1号」の発表基準に達するような冬型の気圧配置は予想されておらず、2018年の東京地方の「木枯らし1号」は「発表なし」となるかもしれません。東京地方で「発表なし」となれば1979年以来、39年ぶりのことです。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック