関東 霜が降りるほど 3連休は真冬の寒気 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東 霜が降りるほど 3連休は真冬の寒気

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


21日の朝は霜が降りるほど冷え込む所があるでしょう。23日からの3連休は関東地方に真冬並みの強い寒気が流れ込みそうです。山沿いでは雪が降り、これまでより一段と寒くなるでしょう。

関東にも 冬の便り続々

20日の関東は朝の冷え込みが強まり、那須高原や奥日光など北部の山沿いでは今シーズン一番の冷え込みとなった所がありました。また都心では日中の最高気温が15.3度までしか上がらず、今シーズン一番低い最高気温になるなど、肌寒い一日でした。また前橋地方気象台からは初冠雪の便りがあり、関東にもいよいよ本格的な冬の足音が近づきつつあります。

水・木曜日の天気 山沿いは雪も

21日の朝もぐっと冷えそうです。都心では朝の最低気温は7度と今シーズン最も低い気温を更新しそうです。北部では4度くらいまで下がり、霜が降りるほど冷えるでしょう。新たな初霜の便りも届きそうです。昼間は晴れますが、次第に雲が広がるでしょう。22日木曜日は関東の東の海上を前線を伴った低気圧が通過するため広い範囲で雨が降る見込みです。平野部では雨ですが、北部の標高の高い所では積もるほどの雪が降るでしょう。

三連休の天気

三連休の23日頃から寒気が強まり、関東の上空1500m付近には1月上旬並み、24日頃には上空5500m付近には真冬並みの寒気が流れ込む見込みです。都心では平年だと最高気温15度前後、最低気温7度前後で、冬用のコートやダウンなどを着始める時期。今年は平年よりも気温の高い状態が続き、冬物の本格的な出番はまだでした。24日は都心の最高気温は13度、朝の最低気温は7度と一段と寒さが強まり、晴れ間があってもグッと寒さを感じそうです。いよいよ冬物のコートや暖房も出番がやってくるでしょう。

2年前には11月に関東で初雪でした

ちょうど2年前の2016年11月24日には、関東で54年ぶりに「11月の初雪の観測」となりました。この時は上空1500m付近に氷点下3度以下の寒気が流れ込みました。今回も氷点下3度に近いくらいの寒気が流れ込む見込みですが、雪が降るのは山沿いに限られそうです。ただ、三連休のお出かけは防寒対策はもちろん、車は山沿いなどへお出かけされる方は冬の装備をあらかじめ準備しておいたほうが良いでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい