21日は天気下り坂へ 九州

tenki.jp

きょう(20日)の九州は穏やかに晴れた所が多くなりましたが、あす(21日)は早くも天気が下り坂に向かい、午後から次第に雨が降り出すでしょう。あす(21日)、お出かけされる方は傘などの雨具をご用意ください。

中国大陸から雲が接近

あす(21日)の九州は早くも西から天気が下り坂に向かうでしょう。
きょう(20日)午後3時の雲の様子を見ると、中国大陸の華南付近は前線が発生し始めているため、東西に延びる雲が発生しており、すでに雨が降り始めている所があります。この雲はあす(21日)、九州付近にかかり、南から湿った空気が流れ込むため、やや発達する見込みです。
あす(21日)の九州は夕方から広い範囲で雨が降り出し、夜は雨のピークとなるでしょう。降り始めからあさって(22日)朝までに予想される雨量(九州)は20ミリ前後で、多い所50ミリくらいと、この時季にしてはまとまった雨になる見込みです。

九州 早霜・路面凍結に注意!

今夜の九州は穏やかに晴れるため、あす(21日)朝は放射冷却現象が強まり、冷え込むでしょう。九州は内陸や山沿いを中心に最低気温が2度前後まで下がる所が多く、熊本県の阿蘇市乙姫など氷点下の所もある見込みです。あす朝は霜がおりる所があるため、農作物の管理に注意が必要です。また、湧水がしみ出すなどしてぬれた路面は凍結するおそれがありますので、標高が高い山道などを走行するドライバーの方は車の運転に気をつけてください。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック