19日 通勤・通学時は雨傘を!

tenki.jp

きのう17日、きょう18日とこの週末は、太平洋側を中心に晴れて、紅葉狩り日和となりましたが、天気は下り坂に向かっています。あす19日の朝は、全国的に天気が崩れ、通勤・通学時は雨具が必要になりそうです。

19日 通勤・通学時は雨傘を

上の図は、あす19日午前6時から午前9時の天気分布です。
この時間帯は、全国的に天気が崩れ、通勤・通学時は雨具が必要になります。九州南部や沖縄にかけては所々で雨脚が強まり、雷を伴って激しく降ることもありそうです。また、北海道では平地で雪の交じる所があり、標高の高い峠道では雪が積もり、路面の状態が悪くなる恐れがあります。車の運転などはスリップにご注意下さい。

天気を崩す原因は・・・

あす雨をもたらすのは日本付近を通過する低気圧や前線です。特に九州の南の海上を通過する低気圧は前線を伴っていて、これらの周辺では大気の状態が不安定になります。このため、九州南部から沖縄では午前を中心に大気の状態が不安定になり、所々で雷雨や激しい雨になる予想です。この低気圧や前線が通過したあとは平地で雪の目安の寒気(上空約1500メートルでマイナス6度)が東北北部にまで南下するため、北日本では日本海側を中心に雨や雪が降りやすく、あす18日の夜からあさって19日は東北の平地でも初雪の便りがありそうです。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック