あす朝 関東はこの時期らしい冷え込みに 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

あす朝 関東はこの時期らしい冷え込みに

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


今年はこれまで、11月としては暖かい日が多くなりましたが、あす15日(木) 関東地方の朝は冷えて、約9割の地点で気温が10度を下回る予想です。今夜から寒さ対策を忘れずに!

朝は冷え込む 寒さ対策を!

きょう14日(水)は、日本付近は西高東低の気圧配置になり、北日本を中心に寒気が流れ込んでいます。北海道 稚内や旭川、網走では「初雪」が観測されましたが、特別に強い寒気が流れ込んでいるわけではありません。今年は全国的に季節の歩みがゆっくりのようで、この時期らしい寒気がようやく入ってきた状況です。
関東地方のきょうは、朝から晴れてすっきりとした青空が広がりました。日差しがたっぷりでしたが、寒気の影響で東京都心の最高気温(午後3時まで)は、16度7分。
ちょうど、平年並みでした。あすにかけて寒気は次第に離れていくため、いま、強い北寄りの風が吹いている所もだんだんと弱まりそうです。あすは穏やかに晴れる所が多いでしょう。このため、あすの朝は各地で、けさより2度前後気温が低くなりそうです。内陸を中心に10度を下回り、この時期らしい冷え込みとなるでしょう。東京都心でも、今季初の9度台まで下がるかもしれません。今夜は暖かくしてお休みください。

ヒートショック 温度のバリアフリー

気温が低くなると増えてくるのが、「ヒートショック」です。「ヒートショック」とは、暖かい場所から寒い場所への移動など、温度の急な変化が体に与えるショックのこと。今年はこれまで、11月としては暖かい日が多くなりましたが、来週は、今回よりも強い寒気が日本列島に南下してくる見込みで、本格的な寒さとなりそうです。tenki.jpでは、ヒートショック予報を提供していますので、一つの目安にして頂けたら幸いです。暖房器具を上手に使ったり、家の中の温度差を少なくするように心がけましょう!


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい