冬の天気分布 ようやく初雪も? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

冬の天気分布 ようやく初雪も?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


きょう14日(水)は、大陸の高気圧が日本付近に張り出してくる見込みです。北日本や日本海には寒気が流れ込み、初冬の天気分布となりそうです。

きょうの天気

北海道は、日本海側やオホーツク海側は所々で雨が降るでしょう。雪の交じる所もある見込みで、記録的な遅さとなっている初雪の便りが、ようやく届くかもしれません。なお、太平洋側は大体晴れるでしょう。東北から九州も、日本海側は変わりやすい天気で、晴れ間の出る所が多いものの、所々で雨が降るでしょう。東北の日本海側や北陸、山陰は、時雨(しぐれ)となりそうです。一方、太平洋側は広く晴れるでしょう。乾いた空気に包まれ、洗濯物も比較的よく乾きそうです。ただ、東海地方を中心に、夕方以降はにわか雨に注意が必要です。

きょうの最高気温

最高気温は、平年並みの所が多いでしょう。那覇は25度、鹿児島は21度で、きのうと同じくらいの見込みです。福岡は17度、高知は19度、広島18度、大阪17度で、きのうよりやや低くなるでしょう。名古屋は10月下旬並みの20度まで上がりそうです。東京は平年並みの18度で、日差しが戻り、肌寒さは解消するでしょう。ただ、日が暮れた後は気温がグッと下がるため、夜は暖かくしてお過ごし下さい。金沢は15度、新潟14度、仙台は16度、秋田は13度、札幌は9度の予想です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい