週間 来週初めも冬型に 本州の山で雪 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 来週初めも冬型に 本州の山で雪

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C

画像D

画像D


15日(木)は冷え込みが強まり、東京都心の最低気温は今季最も低くなる予想。17日(土)は広く雨。雨の後は冬型の気圧配置となり、来週前半は本州の山で雪が降る所がありそうです。

あすの天気

14日(水)は、日本付近は西高東低の冬型の気圧配置でしょう。広く北よりの風が吹き、四国、中国地方から東海にかけてやや強く吹く所がありそうです。
【各地の天気】
沖縄は青空が広がるでしょう。九州も晴れ間が広がる見込みです。北部沿岸では昼前後に雨がぱらつく所がありそうです。山陰、近畿の日本海側、北陸は雨が降ったり止んだりでしょう。四国と山陽、近畿の太平洋側は大体晴れる見込みです。東海は明け方まで雨が降る所があるでしょう。日中は晴れ間がありそうです。関東は、南部で朝まで雨が降る所があるでしょう。北部は午前中から晴れる所が多く、南部でも午後は次第に雲は少なくなる見込みです。東北は、日本海側は所々でにわか雨がありそうです。太平洋側は晴れる時間が長いでしょう。北海道は日本海側やオホーツク海側は雲が多く、昼頃にかけて雨や雪が降る所がありそうです。太平洋側は雲は少ないでしょう。【気温】
最低気温は、けさ(13日)より低くなる所が多く、東北南部や関東では5度以上も低くなる所があるでしょう。10度以下と、暖房が必要なくらい冷える所は全国のアメダス地点のおよそ8割で、北海道や東北は多くの所で5度以下の予想です。
最高気温は、20度を超える所は沖縄と九州南部くらいで、全国的にこの時期らしい気温でしょう。日差しが届く地域でも風が冷たく感じられそうです。

あさって以降の天気

15日(木)は、本州付近は移動性の高気圧に覆われる見込みです。広く晴れて、風も穏やかでしょう。朝は地面から熱が奪われる放射冷却現象が強まり、各地とも冷え込みそうです。東京都心の最低気温は10度を下回り、今季最も低くなるかもしれません。16日(金)は、朝鮮半島付近の低気圧が九州に近づくでしょう。九州や四国、中国地方は雨が降り出し、近畿も天気は下り坂へ向かいます。北海道は南から湿った空気が流れ込み、広く雨が降るでしょう。東海から東北は晴れ間が広がり、朝晩の冷え込みが続きそうです。
17日(土)は、低気圧は本州付近を東へ進む見込みです。広く雨が降るでしょう。雨脚が強まったり、北よりの風が強まったりすることがありそうです。北海道付近には前日の深夜から朝方にかけて、上空1500メートル付近に12月上旬並みの寒気が流れ込む見込みです。雪が降る所があるでしょう。18日(日)は、低気圧は北海道の東まで進み日本付近は再び冬型の気圧配置となるでしょう。山で雪の目安とされる上空1500メートル付近で0度以下の寒気が関東付近まで南下する見込みです。日本海側は雨が降りやすいでしょう。太平洋側では晴れ間が戻る所もありますが、関東付近や九州付近では雲が多いでしょう。19日(月)は気圧の谷の影響で太平洋側でも雨が降る所があり、本州の山で雪となる所がありそうです。
最高気温は、週の後半から週末にかけて平年より高くなる所がありまが、一時的です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい