朝陽から広がる光の線「天使のはしご」

2018/11/11 07:32

メイン画像
メイン画像
けさ(11日)午前7時頃、池袋サンシャイン60から「天使のはしご」が見られました。 天使のはしご けさ(11日)午前7時頃、池袋サンシャイン60から「天使のはしご」が見られました。「天使のはしご」とは、気象学的には「薄明光線」と呼ばれるものです。太陽の光が雲の端などから漏れ、太陽光線が放射状に広がる現象です。太陽の角度が低くなる、早朝や夕方に発生しやすい現象です。 夕方も見れる? きょう(11日)の関東地方は、日中は穏やかに晴れる見込みです。夜は再び雲が多くなる予想ですが、日没頃になると広がり始めた雲と夕日が組み合わさり、雲の切れ間から「天使のはしご」が見られるかもしれません。今の季節は都内からダイヤモンド富士の観察をする方が多いですが、併せて太陽と雲のコラボレーションに期待してみるのもよさそうです。

あわせて読みたい

  • 雲間から朝陽の光の筋「天使のはしご」

    雲間から朝陽の光の筋「天使のはしご」

    tenki.jp

    1/13

    東京都内で「天使のはしご」

    東京都内で「天使のはしご」

    tenki.jp

    1/4

  • 東京都内で天使のはしご

    東京都内で天使のはしご

    tenki.jp

    12/5

    東京都心で「天使のはしご」が見えました

    東京都心で「天使のはしご」が見えました

    tenki.jp

    4/2

  • 都心「天使のはしご」 朝から雲が多く にわか雨も

    都心「天使のはしご」 朝から雲が多く にわか雨も

    tenki.jp

    2/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す