週間 北日本の山は雪 都心今季一番冷える 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 北日本の山は雪 都心今季一番冷える

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


あす30日から31日にかけて冬型の気圧配置になるでしょう。本州でも標高の高い所では雪が降ることも。都心では週末にかけて朝は今シーズン一番冷えそうです。いよいよ朝晩は暖房が必要なくらいになりそう。

あすの天気

あす30日(火)は気圧の谷が北日本を通過し、北海道から山陰の上空1500メートル付近に0度以下の寒気が流れ込むでしょう。これは標高の高い所では雪が降るほどの寒気です。日本海側では雨や雷雨で、横なぐりの雨となる所があるでしょう。北海道の山は雪で、本州でも峠道など雪の降る所がありそうです。お出かけで峠越えの予定のある方はあらかじめ車の冬の装備などの準備をしておいた方が良いでしょう。一方、九州南部から関東にかけてはおおむね晴れて過ごしやすい見込みです。

あさって以降の週間天気

あさって31日(水)は冬型の気圧配置で日本海側を中心に曇りや雨となるでしょう。一方、太平洋側は大体晴れますが、関東から九州でも日中も20度に届かない所が多く、朝晩も一段と冷えてきそうです。週末にかけて東京都心でも最低気温が10度くらいで、今シーズン一番冷えそうです。いよいよ朝晩は暖房が必要なくらいでしょう。ただ、冬型の気圧配置は次第に弱まってくる見込みです。3日(土)から4日(日)頃は日本付近は広く高気圧に覆われて、全国的に晴れるでしょう。

台風26号 今後、南シナ海で北向きに

一方、非常に強い台風26号はフィリピンの東を西に進み、31日(水)には南シナ海に達するでしょう。南西諸島では、31日頃には台風26号による高波の影響は徐々に弱まってきそうです。ただ、その後、南シナ海で北向きに進路を変える見込みです。今後の動きにはまだまだ注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい