土曜 土砂降りの雨や落雷も 雨の時間は 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

土曜 土砂降りの雨や落雷も 雨の時間は

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


土曜日にかけては、あちらこちらで雨の降り方が強まりそうです。落雷や突風、ひょうにも注意を。地方ごとに雨の降る時間や降り方、注意点をまとめました。

土曜にかけて寒冷前線が通過

26日(金)は高気圧の中心が本州の東へ移動し、寒冷前線が九州に接近。九州は昼ごろから雨が降り出して、一部、発達した雨雲がかかって雨脚が強まった所がありました。また、日本海には雷雲もみられました。27日(土)にかけて寒冷前線が本州を通過するため、発達した雨雲や雷雲も西から東へと移るでしょう。強い雨が長い時間降り続くことはありませんが、短い時間にバケツをひっくり返したように激しく降る所がありそうです。また、大気の状態が非常に不安定になるため、カミナリが落ちたり、急に風が強まったりするでしょう。ひょうが降ることもありそうです。

地方ごとの雨の時間や降り方

九州や中国、四国は、26日(金)の深夜にかけてが雨のピークです。カミナリを伴って道路が川のようになるほど激しく降る所があるでしょう。27日(土)は明け方まで雨や雷雨の所がありますが、天気は急速に回復し、日中は広く晴れる見込みです。
近畿や東海は、26日(金)夜は雨の範囲が次第に広がって、夜遅くなるほど雨脚が強まるでしょう。近畿は27日(土)の明け方から朝にかけて、東海は明け方から昼前にかけて発達した雨雲がかかりやすく、激しい雨や雷雨の所がありそうです。昼ごろからは次第に晴れるでしょう。
関東は、27日(土)の朝から昼過ぎにかけて雨のピークとなり、沿岸部では一時的にザーザー降りの雨となりそうです。日中は内陸部から晴れ間が広がるでしょう。
北陸は、27日(土)は朝から昼ごろにかけて激しい雨や雷雨に注意が必要です。午後は次第に寒気が流れ込むため、天気回復とはいかず、夜にかけて弱い雨が降ったりやんだりしそうです。
東北や北海道は27日(土)の昼前後を中心に激しい雨や雷雨の所があるでしょう。夜にかけても急な強い雨や落雷、竜巻などの激しい突風、ひょうに注意が必要です。また、傘がさせないくらい強い風の吹く所があるでしょう。体が濡れやすい雨となりますので、体を冷やさないよう、お気をつけください。

雨雲の動きをチェック!

なお、前線の通過のタイミングによっては雨の時間が前後する可能性があります。最新の天気予報をチェックするとともに、お出かけ前にtenki.jpの豪雨レーダーや雨雲の動きを確認するとよいでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい