週間天気 季節前進 冬の足音も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間天気 季節前進 冬の足音も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


この先一週間、もう暑さが戻ることはなく、季節は前進。特に朝晩の気温が下がり、関東から西も内陸中心に暖房が必要なほど冷える日も。北海道の峠では雪の積もる所もありそう。

あすの天気 北海道 峠越えの車は冬装備を

あす16日(火)も広い範囲で日が差します。ただ、西日本には気圧の谷が近づいてくるでしょう。また、北海道を前線が通過するとともに、この時期としては強い寒気が流れ込みます。
【各地の天気(西から)】
沖縄は、あすも雲に覆われ所々で雨が降るでしょう。
九州と四国も雲が広がりやすく、午後は太平洋側を中心に弱い雨の降る所もありそうです。
中国地方は晴れ間がありますが、山陰では昼頃まで局地的に雨雲が湧くでしょう。
近畿と東海、北陸、関東にかけては、昼頃まではおおむね晴れ。夕方から雲が増えますが、雨は降ったとしても山沿いが中心となりそうです。
東北は、南部は大体晴れるでしょう。北部は、朝は一時的に雨の降る所があります。日中は雲の間からときおり日が差すでしょう。
北海道は一日雲が多く、ときおりザッと雨が降ります。夕方以降はグッと冷えて、夜遅くには、山では雨から雪に変わる所もあるでしょう。三国峠など、標高の高い峠では、雪が積もってくるおそれもあります。峠越えの予定があるかたは、冬用タイヤの準備をしておきましょう。
【気温】
朝は全国的に今朝と同じくらい。日中は、沖縄は28度前後、九州から関東、北陸は23度前後、東北は20度前後、北海道は15度前後と、全国的に平年並みの予想です。

あさって以降の天気 朝晩冷えてくる

17日(水)は、北海道は雨が降りやすく、山は雪。引き続き、標高の高い峠では、朝晩を中心に積雪や凍結に注意が必要です。また、気温の下がりかたによっては、平地でも雨に雪が交じり、初雪となる可能性もあります。そのほかは晴れる所が多いですが、関東は雲に覆われ、弱い雨の降る所もありそうです。18日(木)以降、全国的に天気の大きな崩れはなく、晴れたり曇ったり…の繰り返しです。
気温は、全国的に平年並みか低い状態が続いて、本格的な秋の装いが活躍するでしょう。特に朝晩は冷えてきます。北海道の内陸はグッと気温が下がり、初霜や初氷などの便りが届くかもしれません。東北は平地も広く10度を下回るでしょう。東京都心や名古屋、大阪など、関東から西の平地も13度前後まで下がり、内陸部では10度を下回って暖房が必要なほどの所も増えそうです。寝具も、これまでより厚手の物を出しておくと良さそうです。
冷える日が増えるにつれて、木々の色付きが進み、紅葉の見ごろの所が多くなりそうです。下のリンク「紅葉情報」で、全国の名所の様子が更新されていきますので、是非参考になさってください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい