15日 関東と東海は雲が主役 急な雨も

tenki.jp

きょう15日も広い範囲で日が差します。ただ、関東と東海は日中もスッキリせず、雨の所もあります。お出かけの際に降っていなくても、傘を持っておくと安心です。

きょうの天気

今朝は、九州から近畿の太平洋側や東海の一部で雨が降っています。気圧の谷が通過しているためです。九州から近畿の雨は朝のうちまでで、天気は回復。ただ、東海は日中もスッキリせず、関東でも雨雲が湧きやすくなってきます。また、日本の北を低気圧や前線が通過するため、晴れる北海道も、にわか雨や雷雨の可能性があります。沖縄付近にはきょうも前線が停滞するでしょう。
【各地の天気(西から)】
沖縄は断続的に雨で、特に朝のうちは道路が一気に冠水するほど激しく降る所もあります。また、ヒンヤリした北風がやや強いでしょう。
九州から近畿は、朝までは弱い雨の所もありますが、昼頃から広く晴れるでしょう。
東海は雲が多く、昼頃にかけても所々で雨。沿岸部では局地的に雨脚が強まりそうです。
関東も雲に覆われたままでしょう。昼前後からは、急な雨にお気を付けください。降り方は弱い見込みですが、折り畳みの傘が役に立ちそうです。
北陸は、午前中は曇り空。午後は晴れるでしょう。
東北は、南部は雲が多めながら日の差す時間はありそうです。北部は広く晴れるでしょう。
北海道は、朝までは日本海側を中心に雨の所もありますが、日中は各地で晴れるでしょう。夜になると南西部や北部で雨や雷雨の所がありそうです。なお、この雨とともに寒気が流れ込みます。あす火曜日から水曜日にかけ、標高の高い峠は雪になり、積もるおそれもあります。

最高気温 きょう秋本番の空気

最高気温は全国的にきのうと同じかやや低いでしょう。
沖縄は、きょうもこの時期としては低めで、那覇は26度の予想です。雨や風の冷たさで、体感温度は下がりそうです。
晴れる九州から近畿、北陸は、過ごしやすい陽気です。福岡は25度、高知と広島は24度、松江は22度、大阪は24度、金沢は22度の予想です。
名古屋で23度、東京で21度と、東海と関東はきのうと同じか低めの所が多いでしょう。
東北と北海道は、きのうと同じくらいの所が多く、仙台は19度、秋田は20度、札幌は18度、釧路は15度の予想。秋の装いで快適に過ごせそうです。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック