2019年春の花粉飛散予測 第1報

2018/10/04 14:34

メイン画像
メイン画像
4日、日本気象協会は2019年春の花粉飛散予測(第1報)を発表しました。多かった前シーズンほどではないですが、飛散量は全国的に「例年並み」か「やや多い」予想です。
画像A
画像A
2018年シーズンの花粉飛散状況まとめ 2018年シーズンの花粉の飛散量は、全国的に例年よりも多くなりました。特に、青森や宮城、栃木、群馬、静岡、鳥取では非常に多くなりました。 また、東京と大阪の過去10年の飛散傾向を見てみると、東京、大阪ともに2014 年以降の4年間は飛散量に目立った増減がなく、例年の飛散量より少なく推移していましたが、2018年は例年値を超えました。2019年シーズンは、東京、大阪ともに2018年シーズンに引き続き、例年を超える予測のため注意が必要です。 飛散量の予測根拠 花粉の飛散量は前年夏の気象条件が大きく影響します。気温が高く、日照時間が多く、雨の少ない夏は花芽が多く形成され、翌春の花粉の飛散量が多くなるといわれています。2018年の夏は、東北から九州にかけてかなり気温が高く、日照時間も多くなりました。降水量は、長雨はありませんでしたが、短期間に大雨となったことで全国的に平年より多くなりました。 2019年シーズンの花粉飛散傾向
画像D
画像D
2019年春の花粉飛散予測は、東北から近畿、九州地方までの広い範囲で例年を上回る見込みです。特に東海地方は例年よりも多い予測のため、注意が必要です。北海道地方は例年よりも少ないでしょう。 一方、前シーズン比で見ると、東北や関東、四国や九州地方の一部では、多かった前シーズンに比べて少なくなる見込みです。しかし、例年よりは多い地方が多いため気は抜けません。なお、秋田が前シーズンよりも非常に多い予測ですが、これは前シーズンの飛散量が少なかったためです。
画像E
画像E
画像F
画像F
【花粉の種類について】 北海道はシラカバ、その他はスギ・ヒノキ花粉の飛散量を表します。 【飛散量に関する言葉の説明】 非常に多い:前シーズン (例年)の200%以上 多い :前シーズン (例年)の150%以上200%未満 やや多い:前シーズン (例年)の110%以上150%未満 前シーズン(例年)並 :前シーズン (例年)の90%以上110%未満 やや少ない:前シーズン (例年)の70%以上90%未満 少ない:前シーズン (例年)の50%以上70%未満 非常に少ない:前シーズン (例年)の50%未満 ※前シーズン:2018年シーズン飛散量 ※例年:過去10年(2009~2018年)の平均値 【2018年夏の気象に関する言葉の説明】 平年 :1981~2010年の平均値

あわせて読みたい

  • 日本気象協会 2019花粉飛散予測 3報

    日本気象協会 2019花粉飛散予測 3報

    tenki.jp

    1/17

    日本気象協会 2021年春の花粉飛散予測 第2報

    日本気象協会 2021年春の花粉飛散予測 第2報

    tenki.jp

    12/9

  • 2020年春の花粉飛散予測(第2報)日本気象協会

    2020年春の花粉飛散予測(第2報)日本気象協会

    tenki.jp

    12/5

    日本気象協会の花粉予測 多い所とピークは

    日本気象協会の花粉予測 多い所とピークは

    tenki.jp

    2/14

  • 日本気象協会 2020年春の花粉飛散予測 第4報

    日本気象協会 2020年春の花粉飛散予測 第4報

    tenki.jp

    2/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す