週間予報 台風の暴風が過ぎると、秋の風 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間予報 台風の暴風が過ぎると、秋の風

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


台風25号の影響で、6日(土)から7日(日)は九州から北海道の日本海側を中心に大荒れの恐れ。台風は夏の空気をもたらし、秋の空気を引き込みます。この先、気温の変化が大きいでしょう。

あすの天気 沖縄・九州 台風接近

5日(金)は、台風25号は東シナ海を北上する見込みです。
沖縄は猛烈な風が吹き、九州も南部では非常に強い風が吹くでしょう。瞬間的に40メートル前後の風が予想され、看板が落下・飛散するなど大変危険です。沖縄では厳重に警戒、九州南部でも警戒が必要です。また、沖縄や九州南部では、局地的に非常に激しい雨が降り、大雨となる恐れがあります。土砂災害などに警戒して下さい。

あすの天気 四国・中国地方~北海道

本州の南に延びる秋雨前線は北上する見込みです。
四国は雨が降ったり止んだりでしょう。雷が鳴り、雨脚が強まる所がありそうです。中国地方も断続的に雨が降るでしょう。近畿から関東甲信も雲に覆われて、すっきりしない天気です。所々で雨が降るでしょう。四国・中国地方から関東甲信は、最高気温が25度以上となる所もある予想で、少し蒸し暑く感じられそうです。東北は晴れから曇り空に変わり、午後は一時的に雨が降る所がありそうです。北海道は日中は大体晴れるでしょう。東北と北海道の最高気温は平年より、やや高い所が多い予想です。

あさって以降の天気 台風接近で蒸し暑くなる

台風25号は6日(土)に東シナ海で進路を北東へ変えて西日本に接近、7日(日)にかけて日本海から北日本へと進む予想です。九州から東北の日本海側を中心に6日から7日かけて、北海道では7日に広く、大荒れとなるおそれがあります。また、日本列島に南から暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が不安定になりそうです。太平洋側も含めて、短い時間に雨がザーッと降る所があるでしょう。台風は夏の空気をもたらします。最高気温は沖縄、九州から東北南部にかけて、30度くらいまで上がる所が多い予想です。特に7日は東北南部で、この時期としてはめったにない高さとなる所があるでしょう。湿度も高く、かなり蒸し暑くなりそうです。

台風が去ると空気はカラッと この時期らしい陽気に

台風が過ぎると、風は次第に西または北よりに変わります。大陸から日本列島に秋の空気が流れ込むでしょう。各地とも天気は回復へ向かい、カラッとした陽気になりそうです。日差しが届いても、最高気温は25度くらいにとどまるでしょう。朝晩は内陸を中心に冷える所がありますので、風邪などひかないようお気を付け下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい