都内でも屋外行動は危険 外出は控えて 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

都内でも屋外行動は危険 外出は控えて

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


都内でも特急列車並みの速さの暴風が吹き荒れる恐れ。台風24号は強い勢力を維持したまま、今夜にも関東へ接近する予想となっています。

記録的な暴風のおそれ

非常に強い台風24号は、九州の南を北東に進んでいます。このあと、スピードを速めながら四国から紀伊半島に接近、上陸する予想です。そのまま本州付近を縦断するように進み、今夜(30日)からあす(1日)の未明にかけて、関東に最も接近するでしょう。関東地方では、南寄りの猛烈な風が吹き、記録的な暴風となるおそれがあります。予想される最大瞬間風速は、東京都内を含めた関東地方で50メートルです。時速に換算すると180キロメートルで、これは樹木や電柱、街灯などが倒れ、ブロック塀が倒壊するレベルです。走行中のトラックも横転するおそれがあります。また、海はうねりを伴って猛烈にしける予想です。暴風や高波に厳重な警戒が必要です。なお、台風接近時を中心に高潮にも注意が必要です。

早い段階から大雨に警戒

台風24号からまだ距離のある関東地方ですが、現段階から大雨に警戒が必要です。すでに秋雨前線の影響で大雨となっている所があります。このあとも、雨が強弱を繰り返しながら、1時間に30ミリ前後の激しい雨が降ることがあるでしょう。また、きょう(30日)夕方からは台風本体の雨雲がかかり始めます。あす(1日)未明にかけて、局地的に1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るでしょう。これは傘がまったく役に立たない雨で、恐怖を感じるくらいです。車の運転は危険なレベルです。総雨量となると、あす(1日)昼前までの24時間に多い所で250ミリに達する予想です。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重な警戒が必要です。
※9月30日14時50分 総雨量に関する記述について、あす(1日)朝までをあす(1日)昼前までに訂正しました。

夜間の台風接近 避難は早めに

関東地方の風や雨のピークは夜間に重なる予想です。日中とは違い周囲の状況が把握しづらく、風や雨が強まってからの避難は危険度が高まります。明るいうちに避難するか、夜間は無理をせずに自宅の中の安全な場所で身の安全を確保するようにしてください。また、お住まいの地域の自治体などからの情報に常に注意してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい