非常に強い台風24号 勢力維持し直撃か

2018/09/27 16:36

メイン画像
メイン画像
大型で非常に強い台風24号は28日(金)から29日(土)に沖縄にかなり接近し、30日(日)から10月1日(月)に九州から北海道を縦断の恐れ。勢力をあまり落さずに接近、上陸し、広い範囲で大荒れの恐れがあります。秋雨前線の活動も活発で、台風の接近前から大雨の恐れも。 台風24号の見通し 大型で非常に強い台風24号は宮古島の南東の海域にあって、依然として動きはゆっくりです。非常に強い勢力を維持したまま28日(金)から29日(土)にかけて、沖縄にかなり接近するでしょう。向きを東よりに変えた後、一気にスピードを上げて、30日(日)から10月1日(月)にかけて、九州から北海道を縦断する恐れがあります。 今回の台風では以下の点が特に警戒が必要です。 ・沖縄付近では台風の動きが遅く、大荒れの期間が長引く恐れ ・西日本にもあまり勢力を落とさずに台風が接近・上陸する恐れ ・本州付近には秋雨前線が延びるため、台風の接近前から大雨となる恐れ ・台風は本州付近ではスピードを上げて進むため、台風の風に移動速度も加わって、さらに風が強まったり、台風の接近に伴って急に風や雨が強まったりする恐れ 各地の警戒期間 【沖縄】28日(金)は、海上は猛烈なしけとなるでしょう。海岸付近には近づかないで下さい。宮古島など先島諸島では28日(金)の夜、本島も29日(土)にはトラックが横転してしまうような猛烈な風が吹く予想です。暴風に厳重に警戒が必要です。活発な雨雲もかかり、大雨となるでしょう。土砂災害や河川の増水、氾濫、低い土地の浸水に警戒が必要です。 【九州~近畿】台風の接近前の29日(土)から活発な秋雨前線の影響で、発達した雨雲が次々とかかるでしょう。30日(日)は台風の接近、上陸に伴って、広く暴風が吹き荒れる恐れがあります。台風本体の活発な雨雲もかかり、さらに雨も強まるでしょう。災害が起こるような大雨の恐れがあります。 【東海~関東】29日(土)から前線の影響で、断続的に雨が降るでしょう。30日(日)の午後は次第に雨や風が強まり、今のところ10月1日(月)の午前中が荒天のピークとなる恐れがあります。 【東北・北海道】10月1日(月)になると急に雨や風が強まり、荒天が予想されます。北日本に台風が進んでくると風の強いエリアがより広がる可能性があります。 進路の予想が固まってきて、広い範囲に影響を及ぼす可能性が高くなっています。今後も最新の台風情報に注意し、早め早めの対策を心掛けて下さい。各地、荒天が予想される期間は交通機関が大きく乱れる可能性があり、交通情報にも十分な注意が必要です。

あわせて読みたい

  • 台風24号 列島上陸か 特徴と警戒点

    台風24号 列島上陸か 特徴と警戒点

    tenki.jp

    9/26

    台風14号と秋雨前線 広範囲で 影響が長引く恐れ

    台風14号と秋雨前線 広範囲で 影響が長引く恐れ

    tenki.jp

    10/6

  • 強い台風16号 3連休を直撃

    強い台風16号 3連休を直撃

    tenki.jp

    9/14

    強い「台風14号」接近 秋雨前線活発化 各地の警戒点は?

    強い「台風14号」接近 秋雨前線活発化 各地の警戒点は?

    tenki.jp

    10/7

  • 24年ぶり非常に強い上陸?台風18号

    24年ぶり非常に強い上陸?台風18号

    tenki.jp

    9/15

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す