秋はじっくり 冬はジワジワ 3か月予報 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

秋はじっくり 冬はジワジワ 3か月予報

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像


きょう25日発表の最新の3か月予報によると、10月、11月、12月とも全国的に暖かい空気に覆われやすく、気温は平年より高めで経過する見込みです。移りゆく季節はゆっくりと本格的な秋を実感できそうです。

10月 秋の深まりは"徐々に"

全国的に天気は数日の周期で変わる見込みです。移動性の高気圧に覆われやすく、西日本を中心に平年と同様に晴れる日が多くなる傾向です。行楽の秋を満喫できる日が多くなりそうです。気温は全国的に平年並みか高めで経過する予想ですが、朝晩と日中の寒暖差は大きく、秋は徐々に深まっていきそうです。

11月 冬の訪れは"一歩ずつ"

次第に西高東低の冬型の気圧配置になり、北日本は日本海側で平年と同様に曇りや雨(または雪)の日が多く、太平洋側は平年と同様に晴れの日が多いでしょう。東日本と西日本は、低気圧や前線の影響を受けやすく、平年より曇りや雨の日が多い予想です。沖縄・奄美も期間の後半ほどぐずつく傾向です。気温は北日本で平年並みか高め、東日本と西日本は平年より高めで経過する予想ですが、この時期は、「一雨一度(ひとあめいちど)」という言葉が示すようにひと雨ごとに気温が下がり、季節が進みます。朝晩は冷え込んで、東日本や西日本でも街路樹は緑から紅、黄へ衣替えしていきそうです。

12月 師走らしさは"ジワジワと"

北日本は上空に冬の空気(寒気)が流れ込み、日本海側で平年と同様に曇りや雨(または雪)日が多く、太平洋側は平年と同様に晴れの日が多いでしょう。ただ、東日本では寒気の影響は弱く、日本海側で曇りや雨(または雪)の少ない傾向です。西日本は日本海側では曇りや雨(または雪)、太平洋側で晴れる日が多い見通しです。沖縄・奄美は平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。気温は、北日本ではほぼ平年並み、東日本は平年並みか高め、西日本と沖縄・奄美で平年より高い予想です。「一気に冬にシフトチェンジ」というより「ジワジワ」と冬がやってくるでしょう。

どうなる今冬の雪

きょう25日に発表された最新の寒候期予報によると、この冬(12月から2月)は、冬型の気圧配置が長続きしないため、大陸からの寒気の影響が比較的弱く、冬の期間の降雪量は、北日本ではほぼ平年並みですが、東日本では平年並みか少なく、西日本は平年より少ない傾向です。

北日本・・・「北海道、東北」
東日本・・・「関東、北陸、東海」
西日本・・・「近畿、中国、四国、九州」


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい